2006.04.28
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 会社名 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 259 ナイヨウヤク ユリーフカプセル2mg 2mg1カプセル 51.70 PTP:10カプセルx10、14カプセルx10、10カプセルx50、14カプセルx50 キッセイ薬品ヤクヒン工業コウギョウ第一ダイイチ製薬セイヤク シロドシン 前立腺ゼンリツセン肥大症ヒダイショウトモナ排尿ハイニョウ障害ショウガイ  通常ツウジョウ成人セイジンにはシロドシンとして1カイ4mgを1ニチカイ朝夕アサユウ食後ショクゴ経口ケイコウ投与トウヨする。なお、症状ショウジョウオウじて適宜テキギ減量ゲンリョウする。 ゲキ指定シテイ処方ショホウ 2006.01.23 前立腺ゼンリツセン肥大ヒダイショウトモナ排尿ハイニョウ障害ショウガイ効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン。(シン有効ユウコウ成分セイブン
バラ:500カプセル
ユリーフカプセル4mg 4mg1カプセル 102.90 PTP:10カプセルx10、14カプセルx10、10カプセルx50、14カプセルx50
バラ:500カプセル
2 339 ナイヨウヤク プラビックスジョウ25mg 25mg1ジョウ 114.50 PTP:14ジョウx10、10ジョウx50、14ジョウx50 サノフィ・アベンティス 硫酸リュウサンクロピドグレル 虚血性キョケツセイノウ血管ケッカン障害ショウガイシンゲンセイノウ塞栓症ソクセンショウノゾく)再発サイハツ抑制ヨクセイ  通常ツウジョウ成人セイジンには、クロピドグレルとして75mgを1ニチカイ経口ケイコウ投与トウヨするが,年齢ネンレイ体重タイジュウ症状ショウジョウによりクロピドグレルとして50mgを1ニチカイ経口ケイコウ投与トウヨする。 指定シテイ処方ショホウ 2006.01.23 虚血性キョケツセイノウ血管ケッカン障害ショウガイトモナ血管ケッカンセイ事故ジコのリスク低減テイゲン効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン。(シン有効ユウコウ成分セイブン
バラ:500ジョウ
プラビックスジョウ75mg 75mg1ジョウ 289.60 PTP:14ジョウx10、10ジョウx50、14ジョウx50
バラ:500ジョウ
3 429 ナイヨウヤク フェマーラジョウ2.5mg 2.5mg1ジョウ 687.50 PTP:10ジョウx10 ノバルティスファーマ=中外チュウガイ製薬セイヤク レトロゾール 閉経ヘイケイ乳癌ニュウガン  通常ツウジョウ成人セイジンにはレトロゾールとして1ニチカイ2.5mgを経口ケイコウ投与トウヨする。 ゲキ指定シテイ処方ショホウ 2006.01.23 閉経ヘイケイ乳癌ニュウガン効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン。(シン有効ユウコウ成分セイブン
4 241 注射薬チュウシャヤク ゴナールエフ皮下ヒカチュウヨウ75 75国際コクサイ単位タンイビン溶解液ヨウカイエキ 5,296 10ビン セローノ・ジャパン ホリトロピン アルファ(遺伝子イデンシ組換クミカえ) テイゴナドトロピンセイ男子ダンシ性腺セイセン機能キノウ低下テイカショウにおける精子セイシ形成ケイセイ誘導ユウドウ  ホンザイはhCG(胎盤性タイバンセイ性腺セイセン刺激シゲキホルモン)製剤セイザイ併用ヘイヨウ投与トウヨする。hCG製剤セイザイ投与トウヨにより、血中ケッチュウテストステロン正常セイジョウ範囲内ハンイナイにあることオヨ精子セイシであることを確認カクニンしたノチに、ホリトロピン アルファ(遺伝子イデンシ組換クミカえ)として1カイ150 IUを1シュウカイ皮下ヒカ投与トウヨする。精子セイシ形成ケイセイ誘導ユウドウミトめられない場合バアイには,ホンザイ用量ヨウリョウを1カイ最大サイダイ300 IU、1シュウカイ限度ゲンドとして適宜テキギ増量ゾウリョウする。 指定シテイ処方ショホウ生物セイブツ由来ユライ 2006.01.23 胎盤性タイバンセイ性腺セイセン刺激シゲキホルモンと併用ヘイヨウされ、FSH作用サヨウユウし、テイゴナドトロピンセイ男子ダンシ性腺セイセン機能キノウ低下テイカショウモチいるシン有効ユウコウ成分セイブン医薬品イヤクヒン希少キショウ疾病用シッペイヨウ医薬品イヤクヒン。(シン有効ユウコウ成分セイブン
ゴナールエフ皮下ヒカチュウヨウ150 150国際コクサイ単位タンイビン溶解液ヨウカイエキ 10,438 10ビン
5 259 注射薬チュウシャヤク マグセントチュウ100mL 100mL1ビン 2,250 ビン 東亜トウア薬品ヤクヒン工業コウギョウ−(販売ハンバイ鳥居トリイ薬品ヤクヒン(なお、発売ハツバイモト東亜トウア新薬シンヤク 硫酸リュウサンマグネシウム・ブドウトウ 切迫セッパク早産ソウザンにおける子宮シキュウ収縮シュウシュク抑制ヨクセイ  初回ショカイリョウとして、40mL(硫酸リュウサンマグネシウムとして4g)を20分以上フンイジョウかけて静脈ジョウミャクナイ投与トウヨしたノチ毎時マイジ10mL(1g)より持続ジゾク静脈ジョウミャクナイ投与トウヨオコナう。なお、子宮シキュウ収縮シュウシュク抑制ヨクセイされない場合バアイ毎時マイジ5mL(0.5g)ずつ増量ゾウリョウし、最大サイダイ投与トウヨリョウ毎時マイジ20mL(2g)までとする。子宮シキュウ収縮シュウシュク抑制ヨクセイ症状ショウジョウ観察カンサツしながら漸次ゼンジ減量ゲンリョウし、子宮シキュウ収縮シュウシュク再発サイハツがみられないことが確認カクニンされた場合バアイには中止チュウシする。ホンザイ持続ジゾク注入チュウニュウポンプをモチいて投与トウヨすること。 処方ショホウ 2006.01.23 承認ショウニン硫酸リュウサンマグネシウム含有ガンユウ製剤セイザイ販売ハンバイメイジョウチュウヨウマグネゾール20mL)と同一ドウイツ処方ショホウであるが、大容量ダイヨウリョウベツ効能コウノウ切迫セッパク早産ソウザンにおける子宮シキュウ収縮シュウシュク抑制ヨクセイ)。(シン効能コウノウシン用量ヨウリョウ
6 131 外用ガイヨウヤク オゼックス点眼テンガンエキ0.3% 0.3%1mL 154.70 5mLx5ホン、5mLx10ホン 富山トヤマ化学カガク工業コウギョウ大塚オオツカ製薬セイヤク トシルサントスフロキサシン 適応テキオウキンシュ  通常ツウジョウ成人セイジンオヨ小児ショウニタイして1カイテキ、1ニチカイ点眼テンガンする。なお、疾患シッカン症状ショウジョウにより適宜テキギ増量ゾウリョウする。 指定シテイ処方ショホウ 2006.01.23 ガンケンエンルイノウエンバクリュウシュ結膜ケツマクエンケンバンセンエン角膜カクマクエン角膜カクマク腫瘍シュヨウフクむ)、眼科ガンカシュウジュツ無菌化ムキンカ療法リョウホウ適応症テキオウショウとする点眼テンガンエキ。(シン投与トウヨ経路ケイロ
トスフロキサシンに感性カンセイのブドウ球菌キュウキンゾク、レンサ球菌キュウキンゾク肺炎ハイエン球菌キュウキンチョウ球菌キュウキンゾク、ミクロコッカスゾク、モラクセラゾク、コリネバクテリウムゾク、クレブシエラゾク、エンテロバクターゾク、セラチアゾク、プロテウスゾク、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシアゾク、インフルエンザキン、ヘモフィルス・エジプチウス(コッホ・ウィークスキン)、シュードモナスゾクリョクノウキン、バークホルデリア・セパシア、ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア、アシネトバクターゾク、アクネキン
トスフロ点眼テンガンエキ0.3% 0.3%1mL 154.70 5mLx5ホン、5mLx10ホン、5mLx50ホン ニデック    
適応症テキオウショウ
ガンケンエンルイノウエンバクリュウシュ結膜ケツマクエンケンバンセンエン角膜カクマクエン角膜カクマク潰瘍カイヨウフクむ)、眼科ガンカシュウジュツ無菌化ムキンカ療法リョウホウ
7 264 外用ガイヨウヤク ロキソニンパップ100mg 10cmx14cm1マイ 53.50 マイx10フクロ、7枚x50袋、7枚x100袋 リードケミカル−三共サンキョウ ロキソプロフェンナトリウム 下記カキ疾患シッカンナラびに症状ショウジョウ消炎ショウエン鎮痛チンツウ  1ニチカイ患部カンブ貼付チョウフする。 指定シテイ 2006.01.23 変形性ヘンケイセイ関節症カンセツショウ筋肉痛キンニクツウ外傷ガイショウ腫脹シュチョウ頭痛ズツウナラびにこれら症状ショウジョウ消炎ショウエン鎮痛チンツウ効能コウノウ効果コウカとするシン投与トウヨ経路ケイロ医薬品イヤクヒン。(シン投与トウヨ経路ケイロ
変形性ヘンケイセイ関節症カンセツショウ筋肉痛キンニクツウ外傷ガイショウ腫脹シュチョウ疼痛トウツウ
・会社名中、2社をハイフンで結んだものは、前者が製造販売ハンバイ元、後者が販売ハンバイであることを示し、=印で結んだものは、両者で販売する品目であることを示す。
・内容についての詳細な情報又は正確な情報は、添付文書等をご参照下さい。
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(MEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]