2008.06.13
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 会社名 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 214 内用ナイヨウヤク イルベタン錠50mg 50mg1錠 80.10 PTP:10錠×10、10錠×50
PTP:14錠×50
バラ:500錠
塩野義製薬 イルベサルタン 高血圧症 通常、成人にはイルベサルタンとして50〜100mgを1日1回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最大投与量は200mgまでとする。
指定、処方 2008.04.16 高血圧症を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)
イルベタン錠100mg 100mg1錠 154.20 PTP:10錠×10、10錠×50
PTP:14錠×50
バラ:500錠
アバプロ錠50mg 50mg1錠 80.10 PTP:10錠×10、10錠×50
PTP:14錠×50
バラ:500錠
大日本住友製薬
アバプロ錠100mg 100mg1錠 154.20 PTP:10錠×10、10錠×50
PTP:14錠×50
バラ:500錠
2 247 内用ナイヨウヤク ジュリナ錠0.5mg 0.5mg1錠 63.70 PTP:140ジョウ、280錠 バイエル薬品 エストラジオール 更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う下記症状
血管運動神経症状(Hot flush及び発汗)、膣萎縮症状
通常、成人に対し、エストラジオールとして1ニチ1回0.5mgを経口投与する。なお、増量する場合は、エストラジオールとして1日1回1.0mgを経口投与することができる。 指定、処方 2008.04.16 更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状と膣萎縮症状を効能・効果とする新投与経路医薬品(新投与経路)
3 248 ナイヨウヤク ルナベル配合錠 1錠 332.90 PTP:21錠×4
PTP:21錠×10
ノーベルファーマ-日本ニホン新薬シンヤク富士フジ製薬セイヤク ノルエチステロン・エチニルエストラジオール 子宮内膜症に伴う月経困難症 1日1錠を毎日一定の時刻に21日間経口投与し、その後7日間休薬する。以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す。 指定、処方 2008.04.16 子宮内膜症に伴う月経困難症を効能・効果とする医療用配合ザイ(新医療用配合剤)
4 399 内用ナイヨウヤク エクジェイド懸濁用錠125mg 125mg1錠 1,161.60 PTP:20錠 ノバルティスファーマ デフェラシロクス 輸血による慢性鉄過剰症(注射用鉄キレート剤治療が不適当な場合) 通常、デフェラシロクスとして20mg/kgを1日1回、水100mL以上でヨウドキ懸濁し、空腹時に経口投与する。
なお、患者の状態により適宜増減するが、1日量は30mg/kgを超えないこと。
劇、指定、処ホウ 2008.04.16 輸血による慢性鉄過剰症を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)
エクジェイド懸濁用錠500mg 500mg1錠 4,624.30 PTP:20錠
5 399 内用ナイヨウヤク アログリセムカプセル25mg 25mg1カプセル 251.80 PTP:20カプセル×5 シェリング・プラウ ジアゾキシド 高インスリン血性低血糖症 1歳以上の幼小児及び成人:通常、ジアゾキシドとして1日3〜8mg/kgを2、3回に分割し、8あるいは12時間ごとに経口投与する。ただし、投与開始時は1日3〜5mg/kgを2、3回に分割投与する。
1歳未満の乳児:
通常、ジアゾキシドとして1日8〜15mg/kgを2、3回に分割し、8あるいは12時間ごとに経口投与する。ただし、投与開始時は1日5〜10mg/kgを2、3回に分割投与する。
なお、いずれの場合バアイも、血糖値ケットウチオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンするが、1ニチ最大サイダイ投与トウヨリョウは20mg/kgまでとする。
劇、指定、処方 2008.04.16 高インスリン血性低血糖症を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン)
6 429 内用ナイヨウヤク スーテントカプセル12.5mg 12.5mg1カプセ
8,546.30 PTP:14カプセル×4 ファイザー スニチニブリンゴ酸塩 イマチニブ抵抗性の消化管間質腫瘍
根治切除不能又は転移性の腎細胞癌
通常、成人にはスニチニブとして1日1回50mgを4週間連日経口投与し、その後2週間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。 劇、指定、処方 2008.04.16 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌、イマチニブ抵抗性の消化管間質腫瘍を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン)
7 625 ナイヨウヤク ファムビル錠250mg 250mg1錠 562.90 PTP:6錠×7 旭化成ファーマ
-マルホ
ファムシクロビル 帯状疱疹 通常、成人にはファムシクロビルとして1回500mgを1日3回経口投与する。 指定、処方 2008.04.16 帯状疱疹を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン)
8 121 注射チュウシャヤク ポプスカイン0.75%注75mg/10mL 75mg10mL1管 639 10管 丸石製薬 塩酸レボブピバカイン <ポプスカイン0.75%注75mg/10mL、ポプスカイン0.75%注150mg/20mL、ポプスカイン0.75%注シリンジ75mg/10mL>
硬膜外麻酔

<ポプスカイン0.25%注25mg/10mL、ポプスカイン0.25%注バッグ250mg/100mL、ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10mL>
術後鎮痛
<ポプスカイン0.75%注75mg/10mL、ポプスカイン0.75%注150mg/20mL、ポプスカイン0.75%注シリンジ75mg/10mL>
通常、成人に1回20mL(レボブピバカインとして150mg)までを硬膜外腔に投与する。なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により適宜減量する。

<ポプスカイン0.25%注25mg/10mL、ポプスカイン0.25%注バッグ250mg/100mL、ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10mL>
手術終了時に、通常、成人に6mL/時(レボブピバカインとして15mg/時)を硬膜外腔に持続投与する。なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により4〜8mL/時の範囲で適宜増減する。
劇、指定、処方 2008.04.16 <ポプスカイン0.75%注75mg/10mL、ポプスカイン0.75%注150mg/20mL、ポプスカイン0.75%注シリンジ75mg/10mL>
硬膜外麻酔を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)

<ポプスカイン0.25%注25mg/10mL、ポプスカイン0.25%注バッグ250mg/100mL、ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10mL>
術後鎮痛を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)
ポプスカイン0.75%注150mg/20mL 150mg20mL1管 1,161 10管
ポプスカイン0.75%注シリンジ75mg/10mL 75mg10mL1筒 739 10管
ポプスカイン0.25%注25mg/10mL 25mg10mL1管 347 10管
ポプスカイン0.25%注バッグ250mg/100mL 250mg100mL1袋 1,718 1袋
ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10mL 25mg10mL1筒 447 10管
9 639 注射チュウシャヤク ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL 40mg0.8mL1筒 71,097 1筒 アボットジャパン-エーザイ アダリムマブ(遺伝子組換え) 関節リウマチ(既存治療で効果不十分な場合に限る) 通常、成人にはアダリムマブ(遺伝子組換え)として40mgを2週に1回、皮下注射する。なお、効果不十分な場合、1回80mgまで増量できる。 生物、劇、指定、処方 2008.04.16 関節リウマチを効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)
10 430 注射薬 ゼヴァリン イットリウム(90Y)静注用セット  1セット 2,533,477 1セット バイエル薬品 イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)塩化イットリウム(90Y)
CD20陽性の再発又は難治性の下記疾患
低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫
本セットの注射液調製用無菌バイアルに適量の注射エキ調製用酢酸ナトリウムヨウ液と塩化イットリウム(90Y)溶液1500MBqを入れ、これにイブリツモマブ チウキセタン溶液1.3mLを加えて混和し、適量の注射液調製用緩衝液を加えてイットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液とする。
通常、成人には、リツキシマブ(遺伝子組換え)を点滴静注後、速やかに、イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)として14.8MBq/kg(最大1184MBq)を10分間かけて静脈内投与する。また、患者の状態に応じて11.1MBq/kgに減量する。
なお、イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液の投与に先立ち、イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)の集積シュウセキ部位ブイ確認カクニンオコナい、異常イジョウ生体セイタイナイ分布ブンプ有無ウム確認カクニンすること。
劇、指定、処方、生物  2008.01.25 CD20陽性の再発又は難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)
11 430 注射薬 ゼヴァリン インジウム(111In)静注用セット 1セット 1,787,490 1セット バイエル薬品 イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)塩化インジウム(111In)
イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)の集積部位の確認 本セットの注射液調製用無菌バイアルに適量の注射エキ調製用酢酸ナトリウム溶液ヨウエキと塩化インジウム(111In)溶液145MBqを入れ、これにイブリツモマブ チウキセタン溶液1.0mLを加えて混和し、適量の注射液調製用緩衝液を加えてインジウム(111In)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液とする。
通常、成人には、リツキシマブ(遺伝子組換え)を点滴静注後、速やかに、インジウム(111In)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)として130MBqを、静脈内に10分間かけて投与する。
劇、指定、処方、生物  2008.01.25 イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)の集積部位の確認を効能・効果とする新有効成分含有医薬品(新有効成分)
12 639 注射薬チュウシャヤク アクテムラテン滴静注用80mg 80mg4mL1瓶 24,101 1瓶 中外製薬 トシリズマブ(遺伝子組換え) ○既存治療で効果不十分な下記疾患
関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)、多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎、全身型若年性特発性関節炎
○キャッスルマン病に伴う諸症状及び検査所見(C反応性タンパク高値、フィブリノーゲン高値、赤血球沈降速度亢進、ヘモグロビン低値、アルブミン低値、全身倦怠感)の改善。ただし、リンパ節の摘除が適応とならない患者に限る。
○関節リウマチ、多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
通常、トシリズマブ(遺伝子組換え)として1回8mg/kgを4週間隔で点滴静注する。
○全身型若年性特発性関節炎、キャッスルマン病
通常、トシリズマブ(遺伝子組換え)として1回8mg/kgを2週間隔で点滴静注する。なお、症状により1週間まで投与間隔を短縮できる。
生物、劇、指定、処方 2008.04.16 関節リウマチの効能・効果追加に当たっての規格追加(新効能・規格追加) 
アクテムラ点滴静注用400mg 400mg20mL1瓶 117,459 1瓶
・会社名中、2社をハイフンで結んだものは、前者が製造販売ハンバイ元、後者が販売ハンバイであることを示し、=印で結んだものは、両者で販売する品目であることを示す。
・内容についての詳細な情報又は正確な情報は、添付文書等をご参照下さい。
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(MEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]