2009.06.19
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 会社名 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 117 ナイヨウヤク クロザリルジョウ25mg 25mg1ジョウ 85.30 PTP:10ジョウ×10 ノバルティスファーマ クロザピン 治療チリョウ抵抗性テイコウセイ統合トウゴウ失調症シッチョウショウ 通常ツウジョウ成人セイジンにはクロザピンとして初日ショニチは12.5mg (25mgジョウ半分ハンブン)、2日目カメは25mgを1ニチ1カイ経口ケイコウ投与トウヨする。3日目カメ以降イコウ症状ショウジョウオウじて1ニチ25mgずつ増量ゾウリョウし、原則ゲンソク3週間シュウカンかけて1ニチ200mgまで増量ゾウリョウするが、1ニチリョウが50mgをえる場合バアイには2〜3カイけて経口ケイコウ投与トウヨする。維持イジリョウは1ニチ200〜400mgを2〜3カイけて経口ケイコウ投与トウヨすることとし、症状ショウジョウオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンする。ただし、1カイ増量ゾウリョウは4以上イジョウ間隔カンカクをあけ、増量ゾウリョウハバとしては1ニチ100mgをえないこととし、最高サイコウ用量ヨウリョウは1ニチ600mgまでとする。 ゲキ処方ショホウ 2009.04.22 治療チリョウ抵抗性テイコウセイ統合トウゴウ失調症シッチョウショウタイするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒンシン有効ユウコウ成分セイブン
クロザリルジョウ100mg 100mg1ジョウ 300.60 PTP:10ジョウ×10
2 117 内用薬ナイヨウヤク ストラテラカプセル5mg 5mg1カプセル 264.90 PTP:14カプセル×10 日本ニホンイーライリリー アトモキセチンエンサンエン 小児ショウニにおける注意チュウイ欠陥ケッカン/多動性タドウセイ障害ショウガイ (AD/HD) 通常ツウジョウ小児ショウニにはアトモキセチンとして1ニチ0.5mg/kgより開始カイシし、その1ニチ0.8mg/kgとし、さらに1ニチ1.2mg/kgまで増量ゾウリョウしたアト、1ニチ1.2〜1.8mg/kgで維持イジする。
ただし、増量ゾウリョウは1週間以上シュウカンイジョウ間隔カンカクをあけてオコナうこととし、いずれの投与トウヨリョウにおいても1ニチ2カイけて経口ケイコウ投与トウヨする。
なお、症状ショウジョウにより適宜テキギ増減ゾウゲンするが、1ニチ量は1.8mg/kgマタは120mgのいずれかスクないリョウえないこと。
ゲキ処方ショホウ 2009.04.22 小児ショウニにおける注意チュウイ欠陥ケッカン/多動性タドウセイ障害ショウガイタイするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒンシン有効ユウコウ成分セイブン
ストラテラカプセル10mg 10mg1カプセル 315.70 PTP:14カプセル×10
ストラテラカプセル25mg 25mg1カプセル 398.10 PTP:14カプセル×10
3 214 内用薬ナイヨウヤク ミコンビ配合ハイゴウジョウAP 1ジョウ 157.30 PTP:10ジョウ×10、10ジョウ×50、14ジョウ×50            バラ:500ジョウ 日本ニホンベーリンガーインゲルハイム-アステラス テルミサルタン・ヒドロクロロチアジド 高血圧症コウケツアツショウ 成人セイジンには1ニチ1カイ1ジョウ(テルミサルタン/ヒドロクロロチアジドとして40mg/12.5mgマタは80mg/12.5mg)を経口ケイコウ投与トウヨする。ホンザイ高血圧コウケツアツ治療チリョウ第一ダイイチ選択センタクヤクとしてモチいない。 処方ショホウ 2009.04.22 高血圧コウケツアツタイする新医療用シンイリョウヨウ配合ハイゴウザイ(新医療用シンイリョウヨウ配合ハイゴウザイ)
ミコンビ配合ハイゴウジョウBP 1ジョウ 234.40 PTP:10ジョウ×10、10ジョウ×50、14ジョウ×50            バラ:250ジョウ
4 429 内用薬ナイヨウヤク タイケルブジョウ250mg 250mg1ジョウ 1,620.70 PTP:10ジョウ×10 グラクソ・スミスクライン ラパチニブトシルサンエン HER2過剰カジョウ発現ハツゲン確認カクニンされた手術シュジュツ不能フノウマタ再発サイハツ乳癌ニュウガン カペシタビンとの併用ヘイヨウにおいて、通常ツウジョウ成人セイジンにはラパチニブとして1250mgを1ニチ1カイ食事ショクジの1時間以上ジカンイジョウマエマタ食後ショクゴ1時間以降ジカンイコウ経口ケイコウ投与トウヨする。なお、患者カンジャ状態ジョウタイにより適宜テキギ減量ゲンリョウする。 ゲキ処方ショホウ 2009.04.22 HER2過剰カジョウ発現ハツゲン確認カクニンされた手術シュジュツ不能フノウマタ再発サイハツ乳癌ニュウガンタイするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
5 613 内用薬ナイヨウヤク オラペネム小児用ショウニヨウ細粒サイリュウ10% 100mg1g 580.90 50g1ビン 明治メイジ製菓セイカ テビペネム ピボキシル 適応テキオウキンシュ
テビペネムに感性カンセイ黄色オウショクブドウ球菌キュウキン、レンサ球菌キュウキンゾク肺炎ハイエン球菌キュウキン、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザキン

適応テキオウショウ
肺炎ハイエン中耳チュウジエン副鼻腔炎フクビクウエン
通常ツウジョウ小児ショウニにはテビペネム ピボキシルとして1カイ4mg(リキ)/kgを1ニチ2カイ食後ショクゴ経口ケイコウ投与トウヨする。なお、必要ヒツヨウオウじて1カイ6mg(リキ)/kgまで増量ゾウリョウできる。 処方ショホウ 2009.04.22 カルバペネムケイ内用ナイヨウザイシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
6 624 内用薬ナイヨウヤク クラビットジョウ250mg 250mg1ジョウ(レボフロキサシンとして) 304.50 PTP:10ジョウ×10、10ジョウ×50 第一ダイイチ三共サンキョウ レボフロキサシン水和スイワブツ 適応テキオウキンシュ
ホンザイ感性カンセイのブドウ球菌キュウキンゾク、レンサ球菌キュウキンゾク肺炎ハイエン球菌キュウキンチョウ球菌キュウキンゾク淋菌リンキン、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、タンキン大腸菌ダイチョウキン赤痢菌セキリキン、サルモネラゾク、チフスキン、パラチフスキン、シトロバクターゾク、クレブシエラゾク、エンテロバクターゾク、セラチアゾク、プロテウスゾク、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシアゾク、ペストキン、コレラキン、インフルエンザキンリョクノウキン、アシネトバクターゾク、レジオネラゾク、ブルセラゾク病菌ビョウキン、カンピロバクターゾク、ぺプトストレプトコッカスゾク、アクネキン、Qネツリケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)

適応テキオウショウ
表在性ヒョウザイセイ皮膚ヒフ感染症カンセンショウシンザイセイ皮膚ヒフ感染症カンセンショウ、リンパカン・リンパセツエン慢性マンセイノウショウ、ざカサ化膿性カノウセイ炎症エンショウトモナうもの)、外傷ガイショウ熱傷ネッショウオヨ手術シュジュツソウトウ二次ニジ感染カンセン乳腺ニュウセンエン肛門コウモン周囲シュウイノウエキ咽頭イントウ喉頭コウトウエンヘントウエンヘントウ周囲シュウイエンヘントウ周囲シュウイノウエキフクむ)、急性キュウセイ気管支キカンシエン肺炎ハイエン慢性マンセイ呼吸器コキュウキ病変ビョウヘン二次ニジ感染カンセン膀胱ボウコウエン腎盂ジンウ腎炎ジンエン前立腺ゼンリツセンエン急性キュウセイショウ慢性マンセイショウ)、精巣セイソウ上体ジョウタイエン副睾丸フクコウガンエン)、尿道ニョウドウエン子宮頸管シキュウケイカンエン胆嚢タンノウエン胆管タンカンエン感染性カンセンセイチョウエンチョウチフス、パラチフス、コレラ、バルトリンセンエン子宮シキュウナイ感染カンセン子宮シキュウ付属フゾクエンルイノウエンバクリュウシュマブタバンセンエン外耳ガイジエン中耳チュウジエン副鼻腔炎フクビクウエン化膿性カノウセイ唾液腺ダエキセンエン歯周シシュウ組織ソシキエン歯冠シカン周囲シュウイエンガクエンタンカサ、ブルセラショウ、ペスト、ビョウ、Qネツ
通常ツウジョウ成人セイジンにはレボフロキサシンとして1カイ500mg(ジョウ500mg:1ジョウジョウ250mg:2ジョウ、もしくは細粒サイリュウ10%:5g)を1ニチ1カイ経口ケイコウ投与トウヨする。なお、疾患シッカン症状ショウジョウオウじて適宜テキギ減量ゲンリョウする。
チョウチフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1カイ500mg(錠500mg:1錠、錠250mg:2錠、もしくは細粒10%:5g)を1ニチ1カイ14日間カカン経口ケイコウ投与トウヨする。
処方ショホウ 2009.04.22 ニューキノロンケイ内用ナイヨウザイで、既存キゾン製剤セイザイ用法ヨウホウ変更ヘンコウしたもの(シン用量ヨウリョウ)
クラビットジョウ500mg 500mg1ジョウ(レボフロキサシンとして) 547.20 PTP:5ジョウ×10、5ジョウ×20、5ジョウ×100
クラビット細粒サイリュウ10% 100mg1g(レボフロキサシンとして) 138.20 2.5g×100ホウ
7 117 注射薬チュウシャヤク リスパダール コンスタキンチュウヨウ25mg 25mg1キット(ケンダクヨウエキツキ) 23,520 1キット ヤンセンファーマ リスペリドン 統合トウゴウ失調症シッチョウショウ 通常ツウジョウ成人セイジンにはリスペリドンとして1カイ25mgを2週間シュウカン隔で臀部デンブ筋肉キンニクナイ投与トウヨする。なお、初回ショカイリョウは25mgとし、その症状ショウジョウにより適宜テキギ増減ゾウゲンするが、1カイリョウは50mgをえないこと。 ゲキ処方ショホウ 2009.04.22 統合トウゴウ失調症シッチョウショウタイするリスペリドンの持続性ジゾクセイ筋肉キンニク注射チュウシャザイ(シン投与トウヨ経路ケイロ)
リスパダール コンスタキンチュウヨウ37.5mg 37.5mg1キット(ケンダクヨウエキツキ) 30,997 1キット
リスパダール コンスタキンチュウヨウ50mg 50mg1キット(ケンダクヨウエキツキ) 37,703 1キット
8 249 注射薬チュウシャヤク アピドラチュウカート 300単位タンイ1ツツ 1,596 2ツツ サノフィ・アベンティス インスリン グルリジン(遺伝子イデンシ組換クミカえ) インスリン療法リョウホウ適応テキオウとなる糖尿病トウニョウビョウ 通常ツウジョウ成人セイジンでは1カイ2〜20単位タンイ毎食マイショク直前チョクゼンにインスリンペンガタ注入チュウニュウモチいて皮下ヒカ注射チュウシャするが、中間型チュウカンガタマタコウガタ溶解ヨウカイインスリン製剤セイザイ併用ヘイヨウすることがある。投与トウヨリョウは、患者カンジャ症状ショウジョウオヨ検査ケンサ所見ショケンオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンするが、中間型チュウカンガタマタコウガタ溶解ヨウカイインスリン製剤セイザイ投与トウヨリョウフクめた維持イジリョウとしては通常ツウジョウ1ニチ4〜100単位タンイである。 ゲキ処方ショホウ 2009.04.22 インスリン療法リョウホウ適応テキオウとなる糖尿病トウニョウビョウタイするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
アピドラチュウソロスター 300単位タンイ1キット 2,237 2キット 通常ツウジョウ成人セイジンでは1カイ2〜20単位タンイ毎食マイショク直前チョクゼン皮下ヒカ注射チュウシャするが、中間型チュウカンガタマタコウガタ溶解ヨウカイインスリン製剤セイザイ併用ヘイヨウすることがある。投与トウヨリョウは、患者カンジャ症状ショウジョウオヨ検査ケンサ所見ショケンオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンするが、中間型チュウカンガタマタコウガタ溶解ヨウカイインスリン製剤セイザイ投与トウヨリョウフクめた維持イジリョウとしては通常ツウジョウ1ニチ4〜100単位タンイである。
アピドラチュウ100単位タンイ/mL 100単位タンイ1mLバイアル 380 1バイアル 通常ツウジョウ成人セイジンでは1カイ2〜20単位タンイ毎食マイショク直前チョクゼン皮下ヒカ注射チュウシャするが、中間型チュウカンガタマタコウガタ溶解ヨウカイインスリン製剤セイザイ併用ヘイヨウすることがある。投与トウヨリョウは、患者カンジャ症状ショウジョウオヨ検査ケンサ所見ショケンオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンするが、中間型チュウカンガタマタコウガタ溶解ヨウカイインスリン製剤セイザイ投与トウヨリョウフクめた維持イジリョウとしては通常ツウジョウ1ニチ4〜100単位タンイである。
必要ヒツヨウオウじポータブルインスリンヨウ輸液ユエキポンプをモチいて投与トウヨする。
9 132 外用薬ガイヨウヤク アラミストテンエキ27.5μg56噴霧用フンムヨウ 3mg6g1キット 2,032.70 6ビン グラクソ・スミスクライン フルチカゾンフランカルボンサンエステル アレルギーセイ鼻炎ビエン 成人セイジンには、通常ツウジョウ1カイカク鼻腔ビコウに2噴霧フンム(1噴霧フンムあたりフルチカゾンフランカルボンサンエステルとして27.5μgを含有ガンユウ)を1ニチ1カイ投与トウヨする。 処方ショホウ 2009.04.22 アレルギーセイ鼻炎ビエンタイするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
・会社名中、2社をハイフンで結んだものは、前者が製造販売ハンバイ元、後者が販売ハンバイであることを示し、=印で結んだものは、両者で販売する品目であることを示す。
・内容についての詳細な情報又は正確な情報は、添付文書等をご参照下さい。
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(MEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]