2011.07.19
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 製造セイゾウ販売ハンバイ 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 114 内用薬ナイヨウヤク トラムセット配合錠 1錠 68.20 100錠(10錠×10)、500錠(10錠×50)、500錠(バラ) ヤンセンファーマ トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン 非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患における鎮痛
 非がん性慢性疼痛
 抜歯後の疼痛
非がん性慢性疼痛:
通常、成人には、1回1錠、1日4回経口投与する。投与間隔は4時間以上空けること。
なお、症状に応じて適宜増減するが、1回2錠、1日8錠を超えて投与しないこと。また、空腹時の投与は避けることが望ましい。

抜歯後の疼痛:
通常、成人には、1回2錠を経口投与する。
なお、追加投与する場合には、投与間隔を4時間以上空け、1回2錠、1日8錠を超えて投与しないこと。また、空腹時の投与は避けることが望ましい。
劇、処方 2011.04.22 非オピオイド鎮痛剤で治療困難な非がん性慢性マンセイ疼痛、抜歯後の疼痛における鎮痛を効能・効果とする新医療用配合剤(新医療用配合剤)
2 116 内用薬ナイヨウヤク ミラペックスLA錠0.375mg 0.375mg1錠 151.20 100錠(10錠×10)PTP 日本ベーリンガーインゲルハイム プラミペキソール塩酸塩水和物 パーキンソン病 通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.375mg1日1回食後経口ケイコウ投与からはじめ、2週目に1日量を0.75mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.75mgずつ増量し、維持量(標準1日量1.5〜4.5mg1日1回食後経口ケイコウ投与)を定める。なお、年齢、症状により適宜増減ができるが、1日量は4.5mgを超えないこと。 劇、処方 2011.04.22 パーキンソン病を効能・効果とする新剤カタ・新用量医薬品(シンザイ形・新用量シンヨウリョウ
ミラペックスLA錠1.5mg 1.5mg1錠 518.90 100錠(10錠×10)PTP
3 117 内用薬ナイヨウヤク レクサプロ錠10mg 10mg1錠 212.00 PTP:28錠、100錠、140錠、500錠
バラ:500錠
持田製薬 エスシタロプラムシュウ酸塩 うつ病・うつ状態 通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。 劇、処方 2011.04.22 うつ病・うつ状態を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
4 233 内用薬ナイヨウヤク リパクレオン顆粒300mg分包 300mg1包 59.00 120包、600包 アボットジャパン パンクレリパーゼ 膵外分泌機能不全における膵消化酵素の補充 通常、パンクレリパーゼとして1回600mgを1日3回、食直後に経口投与する。
なお、患者の状態に応じて、適宜増減する。
処方 2011.04.22 膵外分泌機能不全における膵消化酵素の補充を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
リパクレオンカプセル150mg 150mg1カプセル 31.60 PTP:120カプセル(12カプセル×10)、600カプセル(12カプセル×50)
5 333 内用薬ナイヨウヤク リクシアナ錠15mg 15mg1錠 397.40 バラ:100錠
PTP:100錠、140錠(14ジョウ×10)
第一三共 エドキサバントシル酸塩水和物 下記の下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制
 膝関節全置換術、股関節全置換術、股関節骨折手術
通常、成人には、エドキサバンとして30mgを1日1回経口投与する。 処方 2011.04.22 膝関節全置換術、股関節全置換術、股関節骨折手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
リクシアナ錠30mg 30mg1錠 727.30 バラ:100錠
PTP:100錠、140錠(14ジョウ×10)
6 396 内用薬ナイヨウヤク グルベス配合錠 1錠 59.80 100錠(PTP)、210錠(PTP)、500錠(PTP)、1050錠(PTP) キッセイ薬品 ミチグリニドカルシウム水和物/ボグリボース 2型糖尿病
ただし、ミチグリニドカルシウム水和物及びボグリボースの併用による治療が適切と判断される場合に限る。
通常、成人には1回1錠(ミチグリニドカルシウム水和物/ボグリボースとして10mg/0.2mg)を1日3回毎食直前に経口投与する。 処方 2011.04.22 2型糖尿病(ただし、ミチグリニドカルシウム水和物及びボグリボースの併用による治療が適切と判断される場合に限る)を効能・効果とする新医療用配合剤(シン医療用イリョウヨウ配合剤ハイゴウザイ
7 121 注射チュウシャヤク ポプスカイン0.5%注50mg/10mL 50mg10mL1管 509 10mL×10アンプル 丸石製薬 レボブピバカイン塩酸塩 伝達麻酔 通常、成人に1回30mL(レボブピバカインとして150mg)までを目標の神経あるいは神経叢近傍に投与する。複数の神経ブロックを必要とする場合でも、総量として30mL(レボブピバカインとして150mg)を超えないこと。
なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により適宜減量する。
劇、処方 2011.04.22 伝達麻酔を効能・効果とする新投与経路医薬品(新投与経路)
ポプスカイン0.5%注シリンジ50mg/10mL 50mg10mL1筒 609 10mL×10シリンジ
8 399 注射チュウシャヤク ミルセラ注シリンジ25μg 25μg0.3mL1筒 6,969 1,10シリンジ 中外製薬 エポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え) 腎性貧血 <血液透析患者>
1.初回用量
通常、成人にはエポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)として、1回50μgを2週に1回静脈内投与する。
2.エリスロポエチン(エポエチン アルファ(遺伝子組換え)、エポエチン ベータ(遺伝子組換え)等)製剤からの切替え初回用量
通常、成人にはエポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)として、1回100μg又は150μgを4週に1回静脈内投与する。
3. 維持用量
貧血改善効果が得られたら、通常、成人にはエポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)として、1回25〜250μgを4週に1回静脈内投与する。

なお、いずれの場合も貧血症状の程度、年齢等により適宜増減するが、最高投与量は、1回250μgとする。

<腹膜透析患者及び保存期慢性腎臓病患者>
1. 初回用量
通常、成人にはエポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)として、1回25μgを2週に1回皮下又は静脈内投与する。
2. エリスロポエチン(エポエチン アルファ(遺伝子組換え)、エポエチン ベータ(遺伝子組換え)等)製剤からの切替え初回用量
通常、成人にはエポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)として、1回100μg又は150μgを4週に1回皮下又は静脈内投与する。
3. 維持用量
貧血改善効果が得られたら、通常、成人にはエポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)として、1回25〜250μgを4週に1回皮下又は静脈内投与する。

なお、いずれの場合も貧血症状の程度、年齢等により適宜増減するが、最高投与量は、1回250μgとする。
劇、処方、生物 2011.04.22 腎性貧血を効能・効果とする新有効成分医薬品(新有効成分)
ミルセラ注シリンジ50μg 50μg0.3mL1筒 12,507 1,10シリンジ
ミルセラ注シリンジ75μg 75μg0.3mL1筒 17,608 1,10シリンジ
ミルセラ注シリンジ100μg 100μg0.3mL1筒 22,445 1,10シリンジ
ミルセラ注シリンジ150μg 150μg0.3mL1筒 31,600 1,10シリンジ
ミルセラ注シリンジ200μg 200μg0.3mL1筒 40,281 1シリンジ
ミルセラ注シリンジ250μg 250μg0.3mL1筒 48,625 1シリンジ
9 429 注射チュウシャヤク ハラヴェン静注1mg 1mg2mL1瓶 64,070 1バイアル エーザイ エリブリンメシル酸塩 手術不能又は再発乳癌 通常、成人には、エリブリンメシル酸塩として、1日1回1.4mg/m2(体表面積)を2〜5分間かけて、週1回、静脈内投与する。これを2週連続で行い、3週目は休薬する。これを1サイクルとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。 毒、処方 2011.04.22 手術不能マタは再発乳癌を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
10 111 外用薬ガイヨウヤク スープレン吸入麻酔液 1mL 43.70 240mL×6本 バクスター デスフルラン 全身麻酔の維持 通常、成人には、デスフルランとして3.0%の濃度で開始し、適切な麻酔深度が得られるよう患者の全身状態を観察しながら、濃度を調節する。通常、成人では、亜酸化窒素の併用の有無にかかわらず、デスフルランとして7.6%以下の濃度で外科的手術に適切な麻酔深度が得られる。 劇、処方 2011.04.22 全身麻酔の維持を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
11 114 外用薬ガイヨウヤク ノルスパンテープ5mg 5mg1枚 1,529.10 2枚 ムンディファーマ ブプレノルフィン 非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患に伴う慢性疼痛における鎮痛
・変形性関節症
・腰痛症
通常、成人に対し、前胸部、上背部、上腕外部又は側胸部に貼付し、7日毎に貼り替えて使用する。
初回貼付用量はブプレノルフィンとして5mgとし、その後の貼付用量は患者の症状に応じて適宜増減するが、20mgを超えないこと。
劇、習慣シュウカンムカイ、処方 2011.02.23 非オピオイド鎮痛剤で治療困難な変形性関節症
、腰痛症に伴う慢性疼痛における鎮痛を効能・効果とする新投与経路医薬品(シン投与トウヨ経路ケイロ
ノルスパンテープ10mg 10mg1枚 2,356.40 2枚
ノルスパンテープ20mg 20mg1枚 3,631.30 2枚
12 119 外用薬ガイヨウヤク イクセロンパッチ4.5mg 4.5mg1枚 337.20 14枚、28枚、140枚 ノバルティスファーマ リバスチグミン 軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制 通常、成人にはリバスチグミンとして1日1回4.5mgから開始し、原則として4週毎に4.5mgずつ増量し、維持量として1日1回18mgを貼付する。
本剤は背部、上腕部、胸部のいずれかの正常で健康な皮膚に貼付し、24時間毎に貼り替える。
ゲキ処方ショホウ 2011.04.22 軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
イクセロンパッチ9mg 9mg1枚 379.70 14枚、28枚、140枚
イクセロンパッチ13.5mg 13.5mg1枚 407.00 14枚、28枚、140枚
イクセロンパッチ18mg 18mg1枚 427.50 14枚、28枚、140枚
リバスタッチパッチ4.5mg 4.5mg1枚 337.20 14枚、28枚、140枚 小野薬品
リバスタッチパッチ9mg 9mg1枚 379.70 14枚、28枚、140枚
リバスタッチパッチ13.5mg 13.5mg1枚 407.00 14枚、28枚、140枚
リバスタッチパッチ18mg 18mg1枚 427.50 14枚、28枚、140枚
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(mEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]