2011.09.12
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 製造セイゾウ販売ハンバイ 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 113 ウチヨウヤク ガバペンシロップ5% 5%1mL 21.90 470mL(ガラス瓶入り)×1本 ファイザー ガバペンチン 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法 通常、成人及び13歳以上の小児にはガバペンチンとして初日1日量600mg、2日目1日量1200mgをそれぞれ3回に分割経口投与する。3日目以降は、維持量として1日量1200〜1800mgを3回に分割経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は2400mgまでとする。
通常、3〜12歳の幼児及び小児にはガバペンチンとして初日1日量10mg/kg、2日目1日量20mg/kgをそれぞれ3回に分割経口投与する。3日目以降は維持量として、3〜4歳の幼児には1日量40mg/kg、5〜12歳の幼児及び小児には1日量25〜35mg/kgを3回に分割経口投与する。症状により適宜増減するが、1日最高投与量は50mg/kgまでとする。なお、いずれの時期における投与量についても、成人及び13 歳以上の小児での投与量を超えないこととする。
処方 2011.07.01 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法を効能・効果とする新用量ヨウリョウ・剤形追加ツイカ医薬品(シン用量ヨウリョウ・剤形追加ツイカ
2 232 ウチヨウヤク ネキシウムカプセル10mg 10mg1カプセル 96.70 PTP:100カプセル(10カプセル×10)、140カプセル(14カプセル×10)、500カプセル(10カプセル×50)、700カプセル(14カプセル×50)
バラ:500カプセル
アストラゼネカ エソメプラゾールマグネシウム水和物 ○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制

○下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。
なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。

○逆流性食道炎
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。
なお、通常、8週間までの投与とする。
さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回10〜20mgを1日1回経口投与する。

○非びらん性胃食道逆流症
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回10mgを1日1回経口投与する。
なお、通常、4週間までの投与とする。

○非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。

○ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。
プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。
処方 2011.07.01 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
ネキシウムカプセル20mg 20mg1カプセル 168.90 PTP:100カプセル(10カプセル×10)、140カプセル(14カプセル×10)、500カプセル(10カプセル×50)、700カプセル(14カプセル×50)
バラ:500カプセル
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制

○下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃
○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。
なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。

○逆流性食道炎
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。
なお、通常、8週間までの投与とする。
さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回10〜20mgを1日1回経口投与する。

○非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mgを1日1回経口投与する。

○ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。
プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはエソメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
3 259 ウチヨウヤク ベタニス錠25mg 25mg1錠 113.00 100錠(10錠×10) アステラス製薬 ミラベグロン 過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁 通常、成人にはミラベグロンとして50mgを1日1カイ食後に経口投与する。 劇、処方 2011.07.01 過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
ベタニス錠50mg 50mg1錠 189.80 100錠(10錠×10)
4 396 ウチヨウヤク トラゼンタ錠5mg 5mg1錠 209.40 100錠(10錠×10)PTP
500錠(10錠×50)PTP
700錠(14錠×50)PTP
500錠 瓶
日本ベーリンガーインゲルハイム リナグリプチン 2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。) 通常、成人にはリナグリプチンとして5mgを1日1回経口投与する。 処方 2011.07.01 2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。)を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
5 396 ウチヨウヤク リオベル配合錠LD 1錠 235.20 100錠(10錠×10)、500錠(バラ、10錠×50)、700錠(14錠×50)  武田薬品 アログリプチン安息香酸塩/ピオグリタゾン塩酸塩 2型糖尿病
ただし、アログリプチン安息香酸塩及びピオグリタゾン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。
通常、成人には1日1回1錠(アログリプチン/ピオグリタゾンとして25mg/15mg又は25mg/30mg)を朝食前又は朝食後に経口投与する。 処方 2011.07.01 2型糖尿病(ただし、アログリプチン安息香酸塩及びピオグリタゾン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。)を効能・効果とする新医療用配合剤(シン医療用イリョウヨウ配合剤ハイゴウザイ
リオベル配合錠HD 1錠 293.90 100錠(10錠×10)、500錠(バラ、10錠×50)、700錠(14錠×50) 
6 399 ウチヨウヤク リカルボン錠50mg 50mg1錠 3,433.40 1錠
5錠(1錠×5)
小野薬品 ミノドロン酸水和物 骨粗鬆症 通常、成人にはミノドロン酸水和物として50mgを4週に1回、起床時に十分量(約180mL)の水(又はぬるま湯)とともに経口投与する。
なお、服用後少なくとも30分は横にならず、飲食(水を除く)並びに他の薬剤の経口摂取も避けること。
ゲキ、処方 2011.07.01 骨粗鬆症を効能・効果とする、新用量・剤形追加医薬品(シン用量ヨウリョウ・剤形追加ツイカ
ボノテオ錠50mg 50mg1錠 3,433.40 3錠(1錠×3) アステラス製薬
7 429 ウチヨウヤク ゾリンザカプセル100mg 100mg1カプセル 5,462.80 PTP28カプセル(14カプセル×2) MSD ボリノスタット 皮膚T細胞性リンパ腫 通常、成人にはボリノスタットとして1日1回400mgを食後経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。 劇、処方 2011.07.01 皮膚T細胞性リンパ腫を効能・効果とする新有効ユウコウ成分セイブン医薬品イヤクヒンシン有効ユウコウ成分セイブン
8 449 ウチヨウヤク アレロック顆粒0.5% 0.5%1g 82.50 [分包]0.5g×200包、0.5g×600包
[バラ]100g
協和発酵キリン オロパタジン塩酸塩 成人:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う瘙痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚瘙痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)

小児:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚瘙痒症)に伴う瘙痒
成人:通常、成人には1回オロパタジン塩酸塩として5mg(顆粒剤として1g)を朝及び就寝前の1日2回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

小児:通常、7歳以上の小児には1回オロパタジン塩酸塩として5mg(顆粒剤として1g)を朝及び就寝前の1日2回経口投与する。
通常、2歳以上7歳未満の小児には1回オロパタジン塩酸塩として2.5mg(顆粒剤として0.5g)を朝及び就寝前の1日2回経口投与する。
  2011.07.01 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚瘙痒症)に伴う瘙痒を効能・効果とし、小児の用量を加える新用量・剤形追加ツイカ医薬品(シン用量ヨウリョウ・剤形追加ツイカ
9 212 注射チュウシャヤク コアベータ静注用12.5mg 12.5mg1瓶 2,634 5バイアル 小野薬品 ランジオロール塩酸塩 コンピューター断層撮影による冠動脈造影における高心拍数時の冠動脈描出能の改善 ランジオロール塩酸塩として、1回0.125mg/kg を1分間で静脈内投与する。 ゲキ処方ショホウ 2011.07.01 コンピューター断層撮影による冠動脈造影における高心拍数時の冠動脈描出能の改善を効能・効果とする新効能・新用量医薬品(新効能・新用量)
10 399 注射チュウシャヤク シンポニー皮下注50mgシリンジ 50mg0.5mL1筒 142,184 50mg×1シリンジ ヤンセン ファーマ ゴリムマブ(遺伝子組換え) 既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む) ・メトトレキサートを併用する場合
 通常、成人にはゴリムマブ(遺伝子組換え)として50mgを4週に1回、皮下注射する。なお、患者の状態に応じて1回100mgを使用することができる。

・メトトレキサートを併用しない場合
 通常、成人にはゴリムマブ(遺伝子組換え)として100mgを4週に1回、皮下注射する。
生物、ゲキ、処方 2011.07.01 既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
11 399 注射チュウシャヤク ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4mL 20mg0.4mL1筒 37,739 20mg×1シリンジ アボット ジャパン アダリムマブ(遺伝子組換え) 既存治療で効果不十分な下記疾患
多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
通常、アダリムマブ(遺伝子組換え)として、体重15kg以上30kg未満の場合は20mgを、体重30kg以上の場合は40mgを2週に1回、皮下注射する。 生物、ゲキ、処方 2011.07.01 既存治療で効果不十分な多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎の効能・効果を追加とする新効能・新用量・剤形追加ツイカ医薬品(新効能・新用量・剤形追加ツイカ
12 611 注射チュウシャヤク キュビシン静注用350mg 350mg1瓶 13,154 10バイアル MSD ダプトマイシン <適応菌種>
ダプトマイシンに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)

<適応症>
敗血症、感染性心内膜炎、深在性皮膚感染症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染
[敗血症、感染性心内膜炎の場合]
通常、成人にはダプトマイシンとして1日1回6mg/kgを24時間ごとに30分かけて点滴静注する。

[深在性皮膚感染症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染の場合]
通常、成人にはダプトマイシンとして1日1回4mg/kgを24時間ごとに30分かけて点滴静注する。
処方 2011.07.01 ダプトマイシンに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による敗血症等を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
13 614 注射チュウシャヤク ジスロマック点滴静注用500mg 500mg1瓶 2,496 10バイアル ファイザー アジスロマイシン水和物 <適応菌種>
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、レジオネラ・ニューモフィラ、クラミジア属、マイコプラズマ属

<適応症>
肺炎
成人にはアジスロマイシンとして500mg(力価)を1日1回、2時間かけて点滴静注する。 処方 2011.07.01 肺炎を効能・効果とする新投与経路・新効能・新用量医薬品(シン投与トウヨ経路ケイロシン効能コウノウシン用量ヨウリョウ
14 225 外用薬ガイヨウヤク オンブレス吸入用カプセル150μg 150μg1カプセル 139.60 14カプセル(7カプセル×2シート、ブリーズヘラー1個)
14カプセル(7カプセル×2シート)
ノバルティス ファーマ インダカテロールマレイン酸塩 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解 通常、成人には1回1カプセル(インダカテロールとして150μg)を1日1回本剤専用の吸入用器具を用いて吸入する。 処方 2011.07.01 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解を効能・効果とする新有効成分医薬品(シン有効ユウコウ成分セイブン
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(mEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]