チェーンメール・掲示板等での虚偽情報にご注意ください

2011年3月15日

日本薬剤師会

 

  福島第一原子力発電所の水素爆発や避難住民の被曝情報等を背景として、チェーンメールや掲示板等で「昆布を食べていれば大丈夫」「ヨウ化カリウム錠が無い場合にはヨウ素の入ったうがい薬を飲めば良い」というような情報が流れ、それらを見た方々からの問合せが本会にも寄せられております。

 原子力安全委員会原子力施設等防災専門部会の資料によりますと、食品中、昆布にヨウ素が多いというのは事実ですが、①昆布では大量に経口摂取した上で、咀嚼・消化過程が必要でヨウ素の吸収までに時間がかかり、かつ、その吸収も不均一であること、②昆布の種類・産地によりヨウ素量が異なること、等の理由から、原子力災害時における放射性ヨウ素の甲状腺への集積を抑制する措置として講じることは適切でないと考えられる、とされております。
  また、家庭にあるヨウ素を含むうがい薬・外用薬は、経口服用目的には安全性が確認されておらず、また、ヨウ素量が少なく原子力災害時における効果は乏しいため、使用してはならないとされております。

 なお、ヨウ化カリウム錠につきましても、医薬品である以上、当然副作用が起こりえます。中には、ヨウ素中毒や過敏症等の重大な副作用が報告されております。医薬品は、使用すること(あるいはしないこと)のリスク/ベネフィットを専門家が十分に検討した上で使用されるものであり、不適切な利用は非常に危険です。

 これらの情報は、独立行政法人放射線医学総合研究所のホームページでも公開されております。

 国民の皆様は特定の情報に惑わされることのないよう、冷静な対応をよろしくお願いいたします。