平成25年度 くすり教育研修会(日薬誌:9月号より)

平成25年8月2日

本会主催ではじめて、学校関係者と学校薬剤師を対象として開催された第1回くすり教育研修会は、参加者178名にご参加をいただき無事終了した。

参加は学校薬剤師97名、保健体育教諭2名、保健主事1名、保健主任1名養護教諭63名、その他(大学等)14名であった。

くすり教育は保健体育の時間で取得するべき内容なので、今後はさらに保健体育の教諭の参加が増えることが期待される。

特別講演、3名の事例報告の後、座長をしていただいた兵庫教育大学大学院学校教育研究科の鬼頭英明教授より、高校生が学ぶ「医薬品の教育」と題して報告がなされたのち会場から質問を受けてシンポジウムを開催した。

学校薬剤師や教育関係者から多くの課題が提示され、今後につながる意義ある研修会であったと思う。

学薬部会幹事 日高 華代子