文字サイズ
トップページ > 広報活動 > 平成21年度

平成21年3月19日(要旨)

●経済危機克服のための「有識者会合」の件/平成21年度以降の行政評価等テーマと薬物乱用防止対策の件/請求事務代行を行う場合の取扱いの件

1.経済危機克服のための「有識者会合」の件

石井専務理事より、来る3月21日、児玉会長が有識者の一人として標記会合に出席する予定であることが報告された。また、当日は、①社会保障費の伸びを毎年2,200億円縮減するという政府方針の撤回、②高齢者への医療に「かかりつけ薬局・薬剤師」の活用を図られたいこと、③セルフメディケーションの推進を図られたいこと、等を発言する予定であることが説明された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル2ページ:70KB]



2.平成21年度以降の行政評価等テーマと薬物乱用防止対策の件

石井専務理事より、総務省の「平成21年度以降の行政評価・監視等について」のパブリックコメント募集に伴い関連資料が公表され、そこには「薬物の乱用防止対策に関する行政評価・監視」が含まれていた。本テーマでは、薬剤師会も調査等対象機関に該当する可能性があるので、先般、都道府県薬剤師会に対し、薬物乱用防止対策にこれまでと同様に取り組んでもらうよう連絡した旨報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル5ページ:309KB]



3.請求事務代行を行う場合の取扱いの件

山本副会長より、レセプト・オンライン請求に関連して、先般、代行請求の仕組みや今後の流れについて都道府県薬剤師会へ連絡したことが報告された。また、去る3月16日の社会保険診療報酬支払基金理事会において、請求事務代行者から委託を受けて行う送信業務の実施について議決されたので、本日中にも、その内容を都道府県薬剤師会へ連絡する予定である旨説明された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル13ページ:184KB]






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)