文字サイズ
トップページ > 広報活動 > 平成21年度

平成21年4月2日(要旨)

●薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の件/規制改革推進のための3か年計画(再改定)の件/請求事務代行者によるオンライン請求システム送信等処理に係る補足事項の件/月刊消費者4月号の件

1.薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の件

石井専務理事より、先般、財団法人日本医療機能評価機構から「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」の参加登録及び事例収集の開始についての連絡があり、これを受けて、医療安全対策推進の観点から会員の薬局には積極的に参加していただくよう、都道府県薬剤師会に連絡したことが報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル8ページ:580KB]



2.規制改革推進のための3か年計画(再改定)の件

山本副会長より、政府は3月31日の閣議において「規制改革推進のための3か年計画」の再改定を決定したが、この中、措置事項である「レセプトオンライン請求の義務化に関する事項」については、「義務化において原則現行以上の例外規定を設けないこと。」と、「原則」の文言が挿入されたこと。さらには、「地域医療の崩壊を招くことのないよう、自らオンライン請求することが当面困難な医療機関等に対して配慮する。」との記載が盛り込まれたこと等について、都道府県薬剤師会へ連絡したことが報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル14ページ:916KB]



3.請求事務代行者によるオンライン請求システム送信等処理に係る補足事項の件

山本副会長より、薬剤師会がレセプト・オンライン請求の事務代行を行う場合の補足事項として、送信業務を行う際のツールや電子証明書の発行料について都道府県薬剤師会へ連絡したことが報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル8ページ:346KB]
 [別添PDFファイル1ページ:119KB]



4.月刊消費者4月号の件

石井専務理事より、月刊消費者4月号に「薬事法の改正で薬はどう変わるのか」と題して、児玉会長と早川克巳日本消費者協会会長の対談が掲載されたことが報告された。また、月刊消費者の発行部数は3万部であることや、読者層については約34%が一般消費者であること等が補足された。






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)