文字サイズ
トップページ > 広報活動 > 平成21年度

平成21年9月11日(要旨)

●第69回国際薬剤師・薬学会議(FIP)の件/改正薬事法の遵守の件/新型インフルエンザワクチンの接種の件/平成19年度随時的試験検査等の実施状況の件

1.第69回国際薬剤師・薬学会議(FIP)の件

生出副会長より、去る9月3日~8日の間、トルコのイスタンブールで開催された標記会議について、メインテーマ「患者のアウトカムに対する責任-準備はできていますか?」のもと85カ国から約2,600名の参加があり、日本からも100余名が参加したこと、日本のレセプション「ジャパンナイト」では151 名の参加があり、児玉会長が挨拶を述べたこと、さらには評議会や薬局部会運営委員会等が開催されたこと等が報告された。また、大きなニュースとして、日本の杉山雄一先生(東京大学薬学部長)が、薬科学者にとって最高の名誉である「Hst Madsen Medal」を受賞されたこと等も紹介された。

(公式ホームページ)

※資料のダウンロード: [PDFファイル8ページ:497KB]



2.改正薬事法の遵守の件

石井専務理事より、先般、ケンコーコム株式会社による一般用医薬品販売状況調査の結果が公表され、一部の薬局において、引き続き一般用医薬品の郵便等販売が行われていることが指摘された。そのため本会では、会員薬局等において改正薬事法を遵守した販売が行われるよう、都道府県薬剤師会あて、あらためて連絡した旨報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル4ページ:152KB]



3.新型インフルエンザワクチンの接種の件

石井専務理事より、厚労省にて9月6日から意見募集されている「新型インフルエンザワクチン(A/H1N1)の接種について(素案)」に関し、本会の考え方が示された。具体的には、①優先的接種対象者である「新型インフルエンザ患者の診療に従事する医療従事者」には薬剤師も含めていただきたいこと、②地域医療における薬局の役割に鑑み、優先接種順の決定においては薬局薬剤師も考慮していただきたいこと、③ワクチンの安全性確保には専門家が関与し、速やかに情報開示されたいこと等であることが説明された。
また、この意見募集とは別に、本日、舛添厚生労働大臣に対して、優先的接種対象者に薬剤師も含めていただきたい旨の要望書を提出したことが報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル3ページ:90KB]



4.平成19年度随時的試験検査等の実施状況の件

石井専務理事より、第42回日本薬剤師会学術大会(滋賀大会)の前日(10月10日)に開催予定の標記協議会について案内された。
なお、上記の他、生出副会長より、来る10月17日~18日に開催予定の「第7回 日本セルフメディケーション学会」について案内され、さらに、同学会の記者会見が9月14日に行われる予定である旨補足された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル2ページ:124KB]






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)