文字サイズ
トップページ > 広報活動 > 平成21年度

平成21年12月24日(要旨)

●市販類似薬の保険適用の見直しの件/薬歴の様式(初回患者質問票)の作成の件/平成21年度第2回 薬局実務実習担当者全国会議の件

1.市販類似薬の保険適用の見直しの件

石井専務理事より、先般の行政刷新会議の事業仕分けにおいて、市販医薬品と類似する医薬品について保険適用を見直す方向が示されたが、「有効成分が市販薬に類似する」という理由のみで保険適用外とすることは適正な医療提供に支障を来すと考えられた。そこで、12月21日付で長妻厚生労働大臣宛、市販類似薬を保険適用外にしないよう、要望書を提出したことが報告された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル1ページ:27KB]



2.薬歴の様式(初回患者質問票)の作成の件

山本副会長より、薬局が患者に対してより質の高い薬剤服用歴の管理や服薬指導を提供できるように、本会では1つの例示として初回患者質問票を作成し、都道府県薬剤師会へ連絡したことが報告された。また、その内容は「一般用」「小児用」「高齢者用」の3パターンから成ること等が説明された上で、薬歴を中心とした薬局業務の一層の充実、近年の後発医薬品の使用促進等に鑑み、本資料を通して各薬局では調剤の「流れ」を再確認していただきたいと考えている旨、補足された。

(関連ページ:会員向け)

※資料のダウンロード: [PDFファイル4ページ:173KB]



3.平成21年度第2回 薬局実務実習担当者全国会議の件

生出副会長より、来年5月からの長期実務実習の開始に臨み、現場でのさまざまな不安を解消することを目的として、平成22年1月17日、慶應義塾大学芝共立キャンパスにて標記全国会議を開催することが報告された。また、同会議には、都道府県薬剤師会の実務実習担当役員・委員等の他、オブザーバーとして薬系大学の実務実習担当教員も参加すること、さらには同会議の特色として、実務実習に関する4つのテーマの個別説明会及び協議・意見交換の場が設けられていること等が説明された。

※資料のダウンロード: [PDFファイル1ページ:41KB]






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)