文字サイズ
トップページ > 日本薬剤師会の取り組み > 調剤システム処方IF共有仕様

NSIPS®の概要

 現在、薬局では「薬局業務のICT化」「医療安全対策の充実」等の要因により、各種調剤システムの導入が進んでいます。一方、調剤システムは各メーカー独自の仕様で連動・動作しているものが多く、異なるメーカーの調剤機器を接続するためには複雑な仕組みが必要となり、高コスト化にもつながっていました。
 このような問題点を解決するため、福岡県薬剤師会では各メーカーの調剤システムを結ぶ共通仕様として2005年(平成17年)にNSIPS®を策定し、2012年(平成24年)4月の日本薬剤師会への著作権移管後も、多くの調剤システムメーカーに賛同・システムに実装していただいています。


 また、各種調剤システムの連動にとどまらず、福岡県薬剤師会ではNSIPS®を用いた薬局サーベイランスに協力し、薬局の社会的な評価の向上に貢献しています。

※ NSIPS(エヌシップス)は公益社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。




■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)