文字サイズ
トップページ > 日本薬剤師会の取り組み > 調剤システム処方IF共有仕様

NSIPS®対応機器を導入するメリット(薬局)

 NSIPS®対応機器の導入により、①各調剤機器ごとに必要であった連動ソフトが1つで済む(費用が低減)、②NSIPS®仕様の調剤機器の新規導入や入れ替えがスムーズになる、といったメリットが生まれます。
 なお、賛同メーカーと日本薬剤師会との取り決めにより、①NSIPS®対応製品は機器に(オプションではなく)標準搭載すること、②NSIPS®での機器の連動等に係る導入費用は(人件費及び交通費等を)実費程度にとどめること、としています。

※ NSIPS(エヌシップス)は公益社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。




■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)