文字サイズ
トップページ > 日本薬剤師会の取り組み > 調剤システム処方IF共有仕様

NSIPS®についてよくある質問

Q1. NSIPSは個人で申し込むことは出来ますか?

現在、NSIPSの利用は調剤機器メーカー・医療関係団体等に限定させて頂いており、個人でお申し込み頂くことはできません。



Q2. NSIPSの利用にあたり費用はかかりますか?

事務管理手数料として年間10,000円(税別)をご負担頂いております。本会で事務管理手数料以外の費用を頂くことはありません。



Q3. 会員としての有効期間と事務管理手数料の支払いの関係について教えてください。

会員の有効期間は毎年9月1日~翌年8月31となり、入会時点でその期における事務管理手数料が発生します。
<例>平成29年4月15日に入会した場合
入会時点で、平成28年9月1日~平成29年8月31日分の事務管理手数料をお支払いいただきます。その後は、「平成29年9月1日~平成30年8月31日」「平成30年9月1日~平成31年8月31日」…と1年サイクルでの更新となります。
入会した期の事務管理手数料の日割りや、途中退会における残り有効期間に応じた返金等はおこないませんので、入会・退会に際しましては、上記を参照としながら適当な時点でのお手続きをお勧めします。



Q4. 当社はNSIPS会非加盟ですが、お客様より、当社製品を他社のNSIPS対応機器とNSIPSで接続したいという希望がありました。この場合、NSIPS会に入会することなく、接続先の機器メーカーより情報開示を受けることができますか?

できません。NSIPSは利用する企業ごとにご入会いただく必要があります。なお、NSIPS会加盟企業・団体様には、NSIPSに関する機密保持義務があります。



Q5. NSIPSの申込主体について教えて下さい。

現在、NSIPSの申込主体は「実際に仕様書が必要になる企業・団体様」とさせて頂いております。例えば、A社が利用するシステムにおいて、実際にシステムを構築・維持するのがB社の場合、仕様書が必要なのはB社ですのでB社より利用のお申込みを頂くこととなります。



Q6. NSIPSは薬局内の調剤システムを連動させるための共通仕様とのことですが、それ以外の用途での利用申込は可能でしょうか?

NSIPSは「単一の薬局等の施設内における調剤機器同士の連動」の用途においてのみ、本会内部審査の上、利用を許諾します。それ以外の用途での利用申し込みはできませんので、ご注意ください。具体的な審査対象については、Q6をご参照ください。
なお、国・自治体等が実施する公的事業等への利用については、別途検討を行いますので、その旨お問い合わせ下さい。



Q7. NSIPSの審査対象となる調剤機器・システムは?

現在、本会で審査対象としている調剤機器・システムは下記の通りです。
・単一の薬局等の施設内でデータのやり取りが完了し、施設外へデータ送信を一切行わない調剤機器・システム
・単一の薬局等の施設内から施設外へのデータ送信を行うシステムにあっては、同一法人の薬局のデータ管理・分析・連携(自法人における薬局の調剤状況の把握や在庫管理)のみに機能・目的が限られているもの。
以上となります。
 それ以外の調剤機器・システム(例えば、施設外へ送信したデータをそのまま、あるいは加工して患者等に提供するものや、同一法人以外のデータと合わせて分析するもの・連携するもの・あるいは提供するもの等)は審査対象外ですので、ご注意ください。
 なお、ここで言う施設外へのデータ送信は、形式がNSIPSであるか否かに関わりません。



Q8. Q6の「国・自治体等が実施する公的事業等への利用については、別途検討する」につきまして。当社は自治体ではありませんが、システムは患者のためにも医療従事者のためにもなるという意味で、公益的なものと考えています。これによる申込は可能でしょうか。

これは、単に「国民に便利で役に立つから公益」といったものではありません。まず、実施主体が国・自治体等(例:国の行政機関・地方自治体・都道府県の地域医療協議会等の公益性のある機関・団体)であることが必須となります。
 その上で、実施内容(非営利な事業であるか、地域による医療関係者間で十分なコンセンサスが得られた上で実施するものか、関係者間の負担は公平・応分であるか(例えば、薬局が他に比して著しく高額な費用負担を求められるものでないか)、適切な医薬分業の推進を妨げるものでないか等)の条件を満たすかを考慮した上で、本会として検討いたします。



Q9. NSIPSは病院・診療所内における機器連動の用途に利用することは出来ますか?

現在、薬局内の機器連動における利用を基本としており、病院・診療所内でのNSIPSの利用は許諾しておりません。



Q10. 仕様書を見てからどう利用するか考えたいので、先に仕様書を見たいのですが?

現在、そのようなご要望は承っておりません。



Q11. 現在のNSIPSの最新バージョンはいくつですか?

本日現在、Ver.1.04.01 疑義追加版(2012年4月1日改訂のVer.1.04.01に2016年12月に疑義を追加したもの)が最新となります。

※加盟各社には2016年12月1日にメールで送信させて頂きましたが、メールアドレス変更等により不達となっている場合がございます。もし、お手元に届いていない加盟社がございましたら、NSIPS担当事務局までご連絡下さい。



Q12. NSIPSは電子お薬手帳サービスの用途に利用することはできますか。

現在、電子お薬手帳につきましては標準的な仕様(JAHIS電子版お薬手帳デー タフォーマット)が定まっていることから、本会として電子お薬手帳サービスの 用途でのNSIPS利用は許諾しておりません。



※ NSIPS(エヌシップス)は公益社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。




■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)