文字サイズ
トップページ > 薬剤師と薬局のこと > 薬剤師とは


■薬剤師になるには
平成24(2012)年4月以降、6年制の薬学教育を受けた薬剤師がそれぞれに地域社会で働きはじめています。 医療の高度化や医薬分業の進展に伴い、「医療の担い手」としての薬剤師には、従来の基礎薬学に加え、医療薬学の知識と技術が必須となりました。6年制教育はこうした社会的要請に応えたもので、長期の実務実習などをカリキュラムに組みこんでいます。
薬学系の学部学科を設置している大学は、全国に74校(国立14校、公立3校、私立57校)あり、定員は約12,000人となっています。
薬剤師になるには、これらの大学を卒業後、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。平成25(2013)年3月に実施された薬剤師国家試験の合格者数は8,929人、合格率は79.1%でした。
薬剤師国家試験に合格すると、申請により、厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、厚生労働大臣から薬剤師免許が与えられます。





■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)