文字サイズ
トップページ > 薬剤師と薬局のこと > 薬局とは

■薬局・薬店・ドラッグストアのちがいは?
わが国には国民皆保険制度があり、すべての国民が保険診療を受けることができます。保険診療にもとづいて医師の出す処方箋に従い、調剤を行う薬局のことを「保険薬局」と呼んでいます。多くの方が「薬局」としてイメージするのはこの「保険薬局」でしょう。
「調剤薬局」という呼び方を耳にすることがありますが、これは法律上の正式な名称ではありません。薬局はたしかに調剤を行う場所ですが、半面、調剤しか行わない薬局はわが国特有の形態であり、一般用医薬品(OTC薬)によるセルフメディケーションの相談などに応じることも薬局の本来の役割です。このように、薬局は処方箋に基づく調剤や一般用医薬品の販売、在宅医療への取り組み等を通じて、国民の皆様の健康と安全・安心の確保に努めています。
また、薬局の他に医薬品を販売できる場として「店舗販売業」「配置販売業」があります。「店舗販売業」は一般用医薬品(薬剤師は全て、登録販売者は第二類・第三類)を販売することができますが、調剤を行うことはできません。「配置販売業」も同様です。「店舗販売業」はその名の通り、店舗で販売を行うのに対して、「配置販売業」は、消費者の家庭を訪問して、医薬品の入った箱に薬を配置し、次回訪問時に使用した分の代金を精算するというもので、いわゆる、「富山の薬売り」の業態です。
ちなみに、「ドラッグストア」「薬店」という名称があります。ドラッグストアは法的には、薬局としての許可をもって行っているものと、店舗販売業の許可をもって行っているものに分かれます。薬店は店舗販売業の許可をもって行っています。

「かかりつけ薬局」のすすめ




■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)