文字サイズ
トップページ > 国際会議(FAPA,FIP等)

第67回国際薬剤師・薬学会議

(World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2007;
67th International Congress of FIP)

●日         時 : 2007年8月31日(金)~9月6日(木)

●場         所 : 北京(中国)
  Jiuhua Spa & Resort[九華山荘]
  Chang Ping Xiao Tang Mountain, 102211 Beijing, China
  Tel.: +86-10-61782288 Fax: +86-10-61782246
   http://www.jiuhua.com.cn/

●主         催 : 国際薬剤師・薬学連合(FIP)、中国薬学会

●事   務   局 : FIP Congresses & Conferences
  P.O.Box 84200, NL-2508 AE The Hague, The Netherlands
  Fax: +31-70-302-1998 E-mail:congress@fip.org
   http://www.fip.org/beijing2007

●メインテーマ: From anecdote to evidence:Pharmacists helping patients make the best use of medicines (事例からエビデンスへ:患者が医薬品の最適な使用ができるよう手伝う薬剤師)

●主なプログラム:(主要部分のみ抜粋・和訳)

9月2日(日)・開会式
薬剤師職能部門(P)/薬科学部門シンポジウム(S)
主な一般シンポジウム(G)
サテライトシンポジウム(R)
8月31日(金)・R1:医薬品製造科学・業務-FIP/CPAジョイントワークショップ(1)[別途登録が必要]
・R2:サテライトワークショップ-医薬品安全の戦略-薬剤疫学及び調剤過誤の防止(1)[別途登録が必要]
9月1日(土)・R1:医薬品製造科学・業務-FIP/CPAジョイントワークショップ(2)[別途登録が必要]
・R2:サテライトワークショップ-医薬品安全の戦略-薬剤疫学及び調剤過誤の防止(2)[別途登録が必要]
・R3:中国の薬学業務の紹介[別途登録が必要]
午後
・R4:薬学業務の改革者のフォーラム-カウンターでの薬剤師のアドバイス-最善の業務基準の実行(1)[別途登録が必要]
2日(日)午前
・R4:薬学業務の改革者のフォーラム-カウンターでの薬剤師のアドバイス-最良の業務基準の実行(2)[別途登録が必要]
3日(月) ・G25:抗生物質耐性-新たな世界的な保健問題への取り組みにおける薬剤師の役割
午前
・P1:個人的信念、文化的及び社会的通念と医薬品使用
・S1:溶出試験:医薬品の開発と品質の中心的ツール
・G1:生涯学習:理論は耳にしたことがあるが、エビデンスとは?
・G17:医薬品と環境
午後
・BPP/BPS合同シンポジウム(1)[世界の偽造医薬品について]
・S2:薬剤疫学:肝炎/薬剤耐性
・G10:ヘルスケアの財源
・G2:実習-教室と薬剤師業務の架け橋
・G18:医薬品の最高の治療効果を保証する方法-ライフサイクルの影響
・G26:患者安全におけるリスクの伝達:ピクトグラムの表示はどの程度役立つか?
4日(火)午前
・P2:規制、製造、供給網及び品質基準の問題
・S3:生物学的同等性の改善
・G3:エビデンスに基づく業務と補完医療-事例による講義と学習
・G11:薬局のトレンド-薬剤師の将来の討論:薬剤師業務の政策決定者のフォーラム
・G19:アジアの臨床試験
・G27:患者との関係(1)

・インフルエンザ流行に関するプログラム(1)[鳥インフルエンザのウイルス学的及び疫学的展望/薬剤師の流行に対する準備]
午後
・BPP/BPS合同シンポジウム(2)[中国とインドの偽造医薬品について]
・S4:バイオテクノロジー
・G4:薬剤師の価値には十分なエビデンスがあるか?
・G20:補完・代替医療ワークショップ(1)
・G28:患者との関係(2)
5日(水)午前
・P3:技術的、科学的及びエビデンスに基づく医薬品情報源
・S5:天然物質の品質管理
・G29:処方検討-薬相談からサービス提供へ

・インフルエンザ流行に関するプログラム(2)[H5N1型ウイルスの最近の知見/鳥インフルエンザの早期発見における薬剤師による予防の役割]
午後
・S6:天然物質の研究
・P4:伝統医療及び補完・代替医療に関する将来の問題
・G6:患者による責任のあるセルフケアの強化
・G30:公共の医薬品情報の善悪-違いを見抜けるか?
6日(木)午前
・S7:ファーマシューティカルケアにおける個別医療のインパクト
・G7:アジアの医薬品市場-現在のトピックと課題
・G15:生涯学習プログラム:研究から日常業務へ-「かかりつけ薬局の実践」-画期的な戦略とビジネスモデル(1)[別途登録が必要]
・G23:補完・代替医療ワークショップ(2)
・G31:医薬品安全の改善のための情報学の活用
・G39:救急医薬品の管理の適正化
午後
・S8:知識からコントロールへ:生物化学に基づく医薬品化学
・G16:生涯学習プログラム:研究から日常業務へ-「かかりつけ薬局の実践」-画期的な戦略とビジネスモデル(2)[別途登録が必要]
・G8:アジアにおける糖尿病の課題
・G23:GMPとGCP
・G32:医薬品・ヘルスケア情報の現在の問題
・G40:世界及び地域の緊急事態への対応

●主な社交行事日程:(主要部分のみ抜粋・和訳)

9月3日(月)歓迎レセプション
5日(水)女性薬剤師のための昼食会、部会別夕食会
6日(木)晩餐会

●登録料(ユーロ):

5月1日まで8月1日まで当日
会議参加登録
FIP会員575675975
FIP非会員825925975
同伴者150150150
学 生200250300
サテライトシンポジウム等参加登録
R1200200
R2200200
R3100100
R4100100
G15・G16
生涯学習プログラム
100100100
社交行事
晩餐会120120120

参加登録は、会議ホームページ(http://www.fip.org/beijing2007)より申込可能となっております。

●参考:(円※1ユーロ=160円として概算)

5月1日まで8月1日まで当日
会議参加登録
FIP会員92,000108,000156,000
FIP非会員132,000148,000156,000
同伴者24,00024,00024,000
学 生32,00032,00032,000
サテライトシンポジウム等参加登録
R132,00032,000
R232,00032,000
R316,00016,000
R416,00016,000
G15・G16
生涯学習プログラム
16,00016,00016,000
社交行事
晩餐会19,20019,20019,200

●口頭及びポスター発表
  今会議においても口頭発表及びポスター発表が募集されております。対象テーマは下記の通りで、アブストラクト(抄録)の提出期限は4月1日までとなっております。詳細は本会議のホームページ(「◆事務局」欄参照)をご覧下さい。

Pharmaceutical Practice
・Academic Pharmacy
・Administrative Pharmacy
・Clinical Biology
・Community Pharmacy
 1. Innovative ways of collaboration between community pharmacists and GP’s
 2. Experiences with patient profiles
 3. Counterfeit medicines
 4. The role of the pharmacist in public health
 5. Other
・Hospital Pharmacy
・Industrial Pharmacy
・Laboratory and Medicines control Services
・Military & Emergency Pharmacy
・Pharmacy Information
・History of Pharmacy

Special Interest Groups
・Bioavailability/Bioequivalence
・Biopharmaceutics Classification System
・Dissolution/In vitro Release Performance Testing
・Natural Substances
・Individualised Medicine
・Nuclear/Radiologic Pharmacy
・Pharmaceutical Biotechnology
・Pharmacoepidemiology / Pharmacoeconomics

●その他
  パンフレット(英語版)をご希望の場合は、日本薬剤師会学術業務課(電話:03-3353-1170、Fax:03-3353-6270、E-mail:gaku@nichiyaku.or.jp)までご請求下さい。

[2007年1月31日現在]






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)