文字サイズ
トップページ > 国際会議(FAPA,FIP等)

第68回国際薬剤師・薬学会議

(World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2008; 68th International Congress of FIP)

●日         時 : 2008年8月29日(金)~9月4日(木)

●場         所 : バーゼル(スイス) Congress Center Basel

●主         催 : 国際薬剤師・薬学連合(FIP)、スイス薬剤師会

●事   務   局 : FIP Congresses & Conferences
  E-mail:congress@fip.org

●メインテーマ: Reengineering Pharmacy Practice in a changing World
 (変貌を遂げる世界の中での薬剤師業務の再構築 )

●主なプログラム:(主要部分のみ抜粋・和訳)

8月31日(日)・開会式
○薬剤師職能部門/薬科学部門シンポジウム
9月 1日(月)・P1:変化している医療制度

・P-S1:アフリカにおけるにせ薬との闘争

・S1:溶出試験-薬剤の開発と品質の中心となる手段

・S2:ワクチン
2日(火)・P2:薬剤師業務-現在と将来

・P-S2:臨床業務における個別化医療の適用

・S3:治療の調節因子としての天然物質

・S4:標的指向性薬物送達システム-概念から臨床の実際まで
3日(水)・P3:パートナーとしての患者

・P4:労働力、能力及び教育の改革

・S5:バイオシミラー-(1)夢から現実へ、(2)科学から実務へ
4日(水)・S6:計画とリスクマネジメントによる品質確保-業務上の難関の克服

・S7:トランスレーショナル・リサーチ-研究から臨床業務へ
○サテライトシンポジウム等(別途登録が必要)
8月29日(金)~
30日(土)
・R1:分析技術に関するサテライトワークショップ

・R2:バイオテクノロジーの進歩に関するサテライトワークショップ

・R3:21世紀の開発業務規範及びGMPに関するサテライトワークショップ
8月30日(土)・R4:サテライトシンポジウム-薬剤師業務における改革についてのフォーラム
8月29日(金)~
31日(日)
・R5:病院薬剤部の将来に関する国際会議
9月4日(水)・G25・G29:生涯学習プログラム-実務者を対象とした薬剤経済学

●主な社交行事日程:(主要部分のみ抜粋・和訳)

9月 1日(月)歓迎パーティー、薬剤師の集い
3日(水)部会別夕食会
4日(木)送別パーティー
*:送別パーティーのプログラムが追加されました。

●登録料(ユーロ):

5月1日まで8月1日まで当日
会議参加登録
FIP会員575675975
FIP非会員825925975
同伴者150150150
学 生200250300
サテライトシンポジウム等参加登録
R1/R2/R3300300300
R4100100100
R5150150150
生涯学習プログラム100100100

参加登録は、会議ホームページ(http://www.fip.org/beijing2007)より申込可能となっております。

●参考:

●口頭及びポスター発表
  今会議においても口頭発表及びポスター発表が募集されております。対象テーマは下記の通りで、アブストラクト(抄録)の提出期限は4月1日までとなっております。詳細は本会議のホームページ(「◆事務局」欄参照)をご覧下さい。

●その他
  パンフレット(英語版)をご希望の場合は、日本薬剤師会学術業務課(電話:03-3353-1170、Fax:03-3353-6270、E-mail:gaku@nichiyaku.or.jp)までご請求下さい。

[2007年1月31日現在]






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)