文字サイズ
トップページ > Topics Archives

振り込め詐欺の被害発生について(その2)

平成20年5月21日

この程、鳥取県内で、薬剤師を対象とした振り込め詐欺の被害が発生いたしました。

鳥取県薬剤師会からの報告によりますと、実際の被害発生が1件、同様の未遂事案が7件確認されているとのことです。また、報道等によりますと、未遂事案は全国各地で確認されております。

鳥取県警からの情報提供によると、実際に被害が発生した事案の概要は下記のとおりです。

今後も同様の手法による詐欺の被害が多発する可能性がありますので、会員の皆様におかれましては改めて十分にご注意いただきますとともに、ご家族が被害に遭われないよう周知徹底をお願いいたします。

■実際に被害が発生した事案の手法について

・病院薬剤師(Aさん)の自宅に電話があり、家人が電話に出ると、その薬剤師の勤務している病院の院長、調剤事故の被害を受けた子どもの親、弁護士と名乗る3名からであった。

・電話は、病院長の「Aさんが調剤事故を起こし、子どもの患者さんに対して障害をおわせてしまった。」という内容で始まる。

・電話には子どもの親、弁護士が入れ替わり立ち替わり出る。

・弁護士が「これから警察に行くが、事件にするより示談にする方がよい」と言い、院長が「示談金の一部を振り込んでほしい」と言ったことで、実際に家人が振り込んでしまった。

以 上






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)