文字サイズ
トップページ > Topics Archives

厚生労働省平成24年度老人保健健康増進等事業採択のお知らせ

平成24年8月3日

公益社団法人日本薬剤師会は、厚生労働省平成24年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費補助金)の国庫補助を申請し、採択の通知を受理しましたのでお知らせします。

1.事業名

居宅療養管理指導及び訪問薬剤管理指導のあり方に関する調査研究事業

2.事業実施目的

居宅療養管理指導及び在宅患者訪問薬剤管理指導(以下、居宅療養管理指導等と表記)を活用することによるコンプライアンス向上及び減薬やADL改善・維持等の効果の検証を目的とする。

3.事業内容

上記の目的を達成するため、以下に示す2つの調査研究を実施し、その結果をとりまとめる。

 (1)居宅療養管理指導等による薬剤師の介入効果に関する調査研究

居宅療養管理指導等が利用されることによる効果を検証することを目標とする。

薬剤師の介入による効果には、介入後すぐに効果が期待されるもの(コンプライアンス向上や減薬や後発医薬品への切り替え等の処方の提案など)と、介入後数ヶ月程度経過してから効果が期待されるもの(ADLの改善・維持や多職種の業務の軽減など)の2種類があることを想定し、①介入前、②介入直後、③介入3ヶ月後、の三つの時点において利用者(患者)の状態像を把握し、薬剤師の介入効果を検証する。

 (2)居宅療養管理指導等を実施する上での課題に関する調査研究

薬局(訪問薬剤管理指導の届出を行っていない薬局を含む)を対象に、居宅療養管理指導等に取り組む上での課題とその解決の方向性を具体的に整理することを目標とする。

なお、当会の先行調査により、訪問応需が困難な理由として、「業務多忙」と「無菌調剤の設備の不足」があることを捉えている。本調査研究では、こうした先行調査の結果を踏まえ、より具体的な課題の抽出とその解決の方向性を整理する。






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)