文字サイズ
トップページ > 各種資料 > 資料

みなさまの健康と薬の安全な使用のために

薬剤師は、安心・安全な医薬品使用のために様々な業務を行っています。

「医薬分業」とは、医師と薬剤師が、それぞれに独立した専門的な立場から、 患者さんにより安全で効果的な医療を提供することを目的とするものです。 薬剤師は、薬の専門家という視点で、医師の処方内容を確認し、 一般用医薬品も含め患者さんの医薬品使用を総合的に管理します。

1 安心・安全で効果的な医療を提供します

患者さんとの対話や服薬の記録をもとに処方内容に問題がないか確認し、必要に応じて医師に問い合わせをします。そしてその結果を患者さんにお伝えします。

2 医療費の節約を図ります

もし薬の飲み残し等があれば、医師に相談の上、必要な量が処方されるよう調整を行い、医療費の節約を図ります。

3. 適切なセルフメディケーションを支援します

薬を使用される方の体調などをお伺いし、適切な医薬品等の選択のお手伝いや場合によっては医師への受診をおすすめします。  使用後のご相談にも応じ、継続的にサポートします。

いつも、薬と、薬を使う人のそばに。 -日本薬剤師会-

会員の方は、こちらもご覧ください。

【会員実施事項の報告について】 日本薬剤師会雑誌 10月号の89ページをご覧いただくか、各都道府県薬剤師会からのお知らせをご確認ください。






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)