文字サイズ
トップページ > 日薬アーカイブ > 薬学教育・薬局実務実習関連情報(薬学教育6年制)

薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に係る
受入薬局アンケートの実施について

 さて、本会では平成25年度の受入薬局を対象としたアンケートを行うことといたしましたのでお知らせいたします。
 現在6年制薬学教育の質の向上等を目的とした、モデル・コアカリキュラムの改訂が本会関係者も参画する中で文部科学省を中心に行われておりますが、このほど新カリキュラムについてパブリックコメントが実施され、平成25年度末までに確定予定です。新カリキュラムは平成27年度入学生から導入され、これに基づく実務実習は平成31年度より開始予定とされております。
 このような状況を鑑み、本会といたしましては、現在行われている実務実習の現状を把握し、今後の受入体制整備の検討及び必要とされる指導薬剤師用教材の作成の際の参考とするため、下記のとおりアンケートを実施することといたしました。
 調査にあたりましては多大なご協力をいただくこととなりますが、趣旨をご理解いただき何卒ご高配くださいますようお願い申し上げます。


● 調査対象:1)25年度に薬局実務実習の受入可能薬局として都道府県薬剤師会に登録された薬局です。その薬局で主に指導に携わっている指導薬剤師がお答えください。
2)今まで1名も実習生を受け入れたことのない薬局におかれましては、実習生を受け入れた場合を想定しわかる範囲でお答えください。(空欄でも構いません)
     
● 実施期間:平成26年1月24日(金)~2月10日(月)(予定 )
     
● 調査方法:インターネットを利用したWebアンケートです。
アンケート専用サイトへのリンク
https://www.nichiyaku-di.jp/ukeire/
1月24日(金)の午前9時よりご回答いただける予定です。

※ログインに必要なID及びパスワードは、都道府県薬剤師会を通じて対象薬局に順次お知らせいたします。





■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)