文字サイズ
トップページ > Topics Archives > その他

「医薬品安全性情報の入手・伝達・活用状況等に関する調査」
ご回答のお願い

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
 

調査の目的
厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(PMDA)、製薬企業等から情報提供されている医薬品や医療機器の最新の情報(副作用等に関する最新の知見)や留意するべき安全対策措置に関する情報は、医療機関・薬局内において適切に入手・伝達・活用されることが求められています。 本調査は、医療機関・薬局における安全性情報の入手・伝達・活用状況を把握し、安全性情報がより臨床現場で利用しやすいものとなるよう、その最適な情報のあり方や提供方法等を検討するための材料となるものです。また、適切な情報の入手・伝達・活用方策等のあるべき姿を提言し、医薬品等の安全使用の推進に役立てていただくことを目的に実施いたします。

調査の対象
全国の保険薬局の10%(約5700施設)

調査の実施期間
平成27年10月6日(火)~ 10月31日(土)11月30日(月)(延長しました)

調査の方法
調査の対象施設の管理 薬剤師様宛てに、調査票等を郵送いたします。調査票(オレンジ色の封筒)が届いた薬局におかれましては、ご回答にご協力ください。
回答は、管理薬剤師様またはDI担当者様からお願いします。回答方法は、可能な限り、インターネット上のウェブ調査票をご利用ください。
回答ページはこちら→https://eresearcher.biz/ent/pmda_index.php
もしくは、PMDAのホームページ(http://www.pmda.go.jp/safety/surveillance-analysis/0010.html#h27)、日本薬剤師会のホームページから進んでいただけます。インターネットでの回答ができない場合は、紙面の調査票へ記入の上、同封する返信用封筒で、返送ください。
 なお、回答の内容は、本調査の結果の取りまとめ及びPMDAが実施する安全対策業務以外には使用いたしません。

調査請負業者
みずほ情報総研株式会社
※本調査は、調査票の送付、回収、照会対応、督促、集計等の業務を民間業者に委託して実施します。

調査の結果
本調査の結果については公表し、ご協力いただいた皆様にフィードバックさせていただきます。今後の医薬品等の安全性情報の入手・伝達・活用の参考に、是非、お役立て下さい。
なお、過去の調査結果は、以下のPMDAホームページに掲載しております。
http://www.pmda.go.jp/safety/surveillance-analysis/0010.html

【本調査に関する問い合わせ先】
PMDA医薬品安全性情報調査事務局
(みずほ情報総研㈱内)
Tel :0120-966-025(平日:10時-17時)
e-mail:pmda2015@mizuho-ir.co.jp
【調査実施主体】
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構   
安全第一部
〒100-0013東京都千代田区霞が関3-3-2






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)