公益社団法人 日本薬剤師会


ロゴ

薬剤師資格証とは


 「薬剤師資格証」とは、所持する人が薬剤師であることを証明する「物」であると同時に、内蔵するICチップに電子的なHPKI(保健医療福祉分野公開鍵基盤:Healthcare Public Key Infrastructure)証明書を内包し、電子署名等にも利用できる物です。

 HPKI証明書は、医療ICTの世界で電子的な印鑑として利用できる「電子署名(Digital Signature)」と通行証の役割をする「認証(Authentication)」に利用可能です。

 例えば、今後、一層の発展が予想されるICT技術を用いた地域医療情報連携基盤へのログインや、その中で利用する医療情報への電子署名、電子処方箋への調剤済み印の押印等への利用が見込まれます。

 また、薬剤師資格証は、国が発行する薬剤師免許証を基に、本会が発行する薬剤師の身分を証明する「物」になりますので、大規模災害時等に薬剤師資格を示すこと等が可能と考えています。

↑ページ先頭へ

HPKIセカンド電子証明書について


 HPKIカードを用いることで、医師や薬剤師の医療分野国家資格を電子的に証明できる「HPKI電子署名」を行うことができる一方、カード型であることから、カードの紛失・破損時には署名ができないことで業務が滞ってしまうこと等が課題として挙げられていました。

 そこで、日本医師会、医療情報システム開発センター、日本薬剤師会のHPKI認証局では、HPKIの利便性を向上させるために、「HPKIセカンド電子証明書(以下、「2nd電子証明書」)」の提供を開始することとし、2022年8月31日に3局共同のプレスリリースを行いました。


 2nd電子証明書は、HPKIカード発行対象者に対して追加で発行される2番目の電子証明書です。これを、「HPKI電子証明書管理サービス」のクラウドサーバ上に格納し、事前に利用者が紐づけを行った生体認証機能付きスマートフォンで認証を行うことにより、カードがなくてもHPKI電子署名を行うことが可能となります。



参考) プレスリリース「HPKIの利便性向上に向けたHPKIセカンド電子証明書の提供開始について」(2022年8月31日)


↑ページ先頭へ

HPKIセカンド電子証明書の利用開始方法について


 2nd電子証明書はクラウド上の「HPKI電子証明書管理サービス」に格納されているため、これを利用するためには、遠隔からご本人である認証を行う必要があります。そのため、事前準備として、遠隔で認証をするデバイスとセカンド電子証明書との紐づけを行う必要があります。お手持ちのスマートフォン等の生体認証機能付きデバイスを紐づける手段として、下記の2通りがあります。


●HPKIカード交付時に付属するカード「HPKIセカンド電子証明書 初期登録用QR」に印刷されたQRコードを
 生体認証機能付きスマートフォン等のカメラで読み込み、専用のサイトで認証・端末情報の登録を行う。

●デバイス認証登録サイトでHPKIカードによる認証を行い、スマートフォンの紐づけを行う。

それぞれの場合の紐づけ方法は以下の通りです。

[初期登録用QRによる紐づけを行う場合]

 新規カード発行等でカードをお受け取りになった際、同時に交付される紙のカード「HPKIセカンド電子証明書 初期登録用QR」を用いて端末の紐づけを行うことができます。
 下記、初期登録用QR利用マニュアルを参照の上、初期登録用QRに印刷されたQRコードから端末の登録を行ってください。

   ◆初期登録用QR 利用マニュアル【PDF】


[デバイス登録サイトでHPKIカードの認証による紐づけを行う場合]
 下記デバイス登録サイトの利用者マニュアル「2モバイルデバイスの登録 2.1.HPKIカードを既にお持ちの方」を参照の上、下記ボタンからリンクしたデバイス登録サイトにて登録ください。


   ◆HPKIセカンド電子証明書管理・認証プラットフォーム デバイス登録サイト 利用者マニュアル 【PDF】



※機種変更等により、一度登録した端末を別の端末に変更する場合は、上記デバイス認証登録サイトにて変更の操作が可能です。デバイス登録サイト利用者マニュアルの「5.2. モバイルデバイスを機種変更する場合」も併せてご参照ください。

 

↑ページ先頭へ