日本薬剤師会の組織

目的

本会は、都道府県を活動区域とする薬剤師会との連携のもと、薬剤師の倫理の高揚及び学術の振興を図り、 薬学及び薬業の進歩発展を図ることにより、国民の健康な生活の確保・向上に寄与することを目的とする。(定款第3条)

組織

日本薬剤師会は公益法人として自由加入制をとっており、全国約30万1千人(平成28年12月31日現在)の厚生労働省届出薬剤師の約35%、約10万4千人の会員数を擁している。会員は、いろいろな職種に従事する薬剤師から成っている(構成割合:薬局薬剤師77.4%、病院・診療所薬剤師10.0%、卸売販売業2.2%、行政薬剤師1.5%、店舗販売業0.9%、製薬企業薬剤師0.7%、教育・研究機関0.7%、その他6.7%)。

また、日本薬剤師会の会員は同時に47都道府県薬剤師会の会員である。

委員会
組織・会員委員会
法制委員会
医療保険委員会
薬価基準検討会
一般用医薬品等委員会
地域医療・保健委員会
編集委員会
医薬品情報評価検討会
薬局製剤・漢方委員会
調剤業務委員会
生涯学習委員会
薬学教育委員会
医薬分業対策委員会
情報システム検討委員会
DI・医療安全・DEM委員会
公衆衛生委員会
試験検査センター委員会
アンチ・ドーピング委員会
国際委員会
災害対策委員会
年金委員会
臨床・疫学研究倫理審査委員会
臨床・疫学研究推進委員会
健康サポート薬局研修委員会

職域部会
薬局薬剤師部会
薬局勤務薬剤師分科会
病院診療所薬剤師部会
製薬薬剤師部会
行政薬剤師部会
学校薬剤師部会
農林水産薬事薬剤師部会
卸薬剤師部会

日本薬剤師会は国際的にFIP(国際薬剤師連盟)及びFAPA(アジア薬剤師会連合)の正会員であり,国際的にも活動している。