2007.12.14
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 会社名 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 117 内用ナイヨウヤク コンサータジョウ18r 18r1ジョウ 336.60 PTP:10ジョウ×10 ヤンセン ファーマ エンサンメチルフェニデート 小児ショウニにおけるチュウ欠陥ケッカン/多動性タドウセイ障害ショウガイ(AD/HD) 通常ツウジョウ小児ショウニにはエンサンメチルフェニデートとして18rを初回用量ヨウリョウ、18〜45rを維持イジ用量ヨウリョウとして、1ニチ1カイアサ経口ケイコウ投与トウヨする。増量ゾウリョウ必要ヒツヨウ場合バアイは、1週間以上シュウカンイジョウ間隔カンカクをあけて1ニチ用量ヨウリョウとして9rマタは18mgの増量ゾウリョウオコナう。なお、症状ショウジョウにより適宜テキギ増減ゾウゲンする。ただし、1ニチ用量ヨウリョウは54mgをえないこと。 精神セイシンゲキ指定シテイ処方ショホウ 2007.10.26 小児ショウニにおけるチュウ欠陥ケッカン/多動性タドウセイ障害ショウガイ(AD/HD)にカカシン効能コウノウ医薬品イヤクヒン(シン効能コウノウ)
コンサータジョウ27r 27r1ジョウ 373.00 PTP:10ジョウ×10
2 219 内用ナイヨウヤク ケアロードLAジョウ60μg 60μg1ジョウ 243.30 PTP:10ジョウ×10 トウレ-アステラス製薬セイヤク ベラプロストナトリウム 肺動脈ハイドウミャクセイハイタカ血圧ケツアツショウ 通常ツウジョウ成人セイジンには、ベラプロストナトリウムとして1ニチ120μgを2カイけてアサ夕食後ユウショクゴ経口ケイコウ投与トウヨすることから開始カイシし、症状ショウジョウ(フク作用サヨウ)を十分ジュウブン観察カンサツしながら漸次増量する。なお、用量は患者の症状、忍容性などに応じ適宜増減するが、最大1ニチ360μgまでとし、2カイに分けて朝夕食後に経口投与する。 ゲキ指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 ハイ動脈性ドウミャクセイハイコウ血圧ケツアツショウカカシン効能コウノウオヨジョホウカカシンザイケイ医薬品イヤクヒン(シン効能コウノウシンザイケイ)
ベラサスLAジョウ60μg 60μg1ジョウ 243.30 PTP:10ジョウ×10 科研カケン製薬セイヤク
3 249 内用ナイヨウヤク ディナゲストジョウ1r 1r1ジョウ 468.40 PTP:10ジョウ×10 持田モチダ製薬セイヤク ジエノゲスト 子宮シキュウ内膜ナイマクショウ 通常ツウジョウ成人セイジンにはジエノゲストとして1ニチ2mgを2カイけ、月経ゲッケイ周期シュウキ2〜5日目カメより経口ケイコウ投与トウヨする。 指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 子宮シキュウ内膜ナイマクショウ効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
4 399 内用ナイヨウヤク レグパラジョウ25r 25r1ジョウ 554.90 未定ミテイ(2007.12.14現在ゲンザイ) キリンファーマ シナカルセトエンサンエン 維持イジ透析トウセキシタ二次性ニジセイフク甲状腺コウジョウセン機能キノウ亢進コウシンショウ 開始カイシ用量ヨウリョウとしては、成人セイジンには1日1回シナカルセトとして25mgを経口ケイコウ投与トウヨする。以後イゴは、患者カンジャフク甲状腺コウジョウセンホルモン(PTH)オヨ血清ケッセイカルシウム濃度ノウド十分ジュウブン観察カンサツのもと、1日1回25〜75mgのアイダ適宜テキギ用量ヨウリョウ調整チョウセイし、経口ケイコウ投与トウヨする。ただし、PTHの改善カイゼンミトめられない場合バアイには、1回100mgを上限ジョウゲンとして経口ケイコウ投与トウヨする。増量ゾウリョウオコナ場合バアイ増量ゾウリョウハバを25mgとし、3週間以上シュウカンイジョウ間隔カンカクをあけてオコナうこと。 未定ミテイ(2007.12.14現在ゲンザイ) 2007.10.19 維持イジ透析トウセキシタ二次性ニジセイフク甲状腺コウジョウセン機能キノウ亢進コウシンショウ効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
レグパラジョウ75r 75r1ジョウ 1,019.00 未定ミテイ(2007.12.14現在ゲンザイ)
5 429 内用ナイヨウヤク タルセバジョウ25r 25r1ジョウ 1,954.20 PTP:14ジョウ×1 中外チュウガイ製薬セイヤク エルロチニブエンサンエン 切除セツジョ不能フノウ再発サイハツ進行性シンコウセイで、がん化学カガク療法リョウホウ施行セコウゾウアクしたショウ細胞サイボウ肺癌ハイガン 通常ツウジョウ成人セイジンにはエルロチニブとして150mgを食事ショクジの1時間以上ジカンイジョウマエマタ食後ショクゴ2時間以降ジカンイコウに1ニチ1カイ経口ケイコウ投与トウヨする。なお、患者カンジャ症状ショウジョウにより適宜テキギ減量ゲンリョウする。 ゲキ指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 切除セツジョ不能フノウ再発サイハツ進行性シンコウセイで、がん化学カガク療法リョウホウ施行セコウゾウアクしたショウ細胞サイボウ肺癌ハイガン効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
タルセバジョウ100r 100r1ジョウ 7,183.90 PTP:14ジョウ×1
タルセバジョウ150r 150r1ジョウ 10,513.00 PTP:14ジョウ×1
6 449 内用ナイヨウヤク クラリチンドライシロップ1% 1%1g 265.80 0.5g×150ホウ、100g シェリング・プラウ=塩野義シオノギ製薬セイヤク ロラタジン アレルギーセイ鼻炎ビエン蕁麻疹ジンマシン皮膚ヒフ疾患シッカン(湿疹シッシン皮膚ヒフエン皮膚ヒフそうカユショウ)にトモナうそうカユ 成人:通常、ロラタジンとして1カイ10r(ドライシロップとして1g)を1ニチ1カイ、食後にヨウ溶解ヨウカイして経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
小児:通常、3歳以上サイイジョウ7歳未満サイミマンの小児にはロラタジンとして1カイ5r(ドライシロップとして0.5g)、7歳以上サイイジョウの小児にはロラタジンとして1カイ10r(ドライシロップとして1g)を1ニチ1カイ、食後に用時溶解して経口投与する。
指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 小児ショウニへの用量ヨウリョウ追加ツイカカカるドライシロップザイザイケイ追加ツイカ(ザイケイ追加ツイカ)
7 249 注射チュウシャヤク レベミルチュウ300 300単位タンイ1ツツ 1,841 2ポン、5ポン ノボ ノルディスクファーマ インスリン デテミル(遺伝子イデンシ組換クミカえ) インスリン療法リョウホウ適応テキオウとなる糖尿病トウニョウビョウ 通常ツウジョウ成人セイジンでは、初期ショキは1日1回4〜20単位タンイ専用センヨウのインスリン注入チュウニュウモチいて皮下ヒカ注射チュウシャする。注射チュウシャ時刻ジコク夕食ユウショクマエマタ就寝シュウシンマエのいずれでもよいが、毎日マイニチ一定イッテイとする。ホカのインスリン製剤セイザイとの併用ヘイヨウにおいて、投与トウヨ回数カイスウを1日2回にする場合バアイ朝食チョウショクマエオヨ夕食ユウショクマエマタ朝食チョウショクマエオヨ就寝シュウシンマエ投与トウヨする。投与トウヨリョウ患者カンジャ症状ショウジョウオヨ検査ケンサ所見ショケンオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンする。なお、ホカのインスリン製剤セイザイ投与トウヨリョウフクめた維持イジリョウは、通常ツウジョウ1日4〜80単位タンイである。タダし、必要ヒツヨウにより上記ジョウキ用量ヨウリョウえて使用シヨウすることがある。 ゲキ指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 インスリン療法リョウホウ適応テキオウとなる糖尿病トウニョウビョウ効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
レベミルチュウ300フレックスペン 300単位タンイ1キット 2,577 2ポン、5ポン 通常ツウジョウ成人セイジンでは、初期ショキは1日1回4〜20単位タンイ皮下ヒカ注射チュウシャする。注射チュウシャ時刻ジコク夕食ユウショクマエマタ就寝シュウシンマエのいずれでもよいが、毎日マイニチ一定イッテイとする。ホカのインスリン製剤セイザイとの併用ヘイヨウにおいて、投与トウヨ回数カイスウを1日2回にする場合バアイ朝食チョウショクマエオヨ夕食ユウショクマエマタ朝食チョウショクマエオヨ就寝シュウシンマエ投与トウヨする。投与トウヨリョウ患者カンジャ症状ショウジョウオヨ検査ケンサ所見ショケンオウじて適宜テキギ増減ゾウゲンする。なお、ホカのインスリン製剤セイザイ投与トウヨリョウフクめた維持イジリョウは、通常ツウジョウ1日4〜80単位タンイである。タダし、必要ヒツヨウにより上記ジョウキ用量ヨウリョウえて使用シヨウすることがある。
8 422 注射チュウシャヤク アラノンジーセイチュウヨウ250r 250r50mL1ビン 52,540 1バイアル グラクソ・スミスクライン ネララビン 再発又は難治性の下記疾患
・T細胞急性リンパ性白血病
・T細胞リンパ芽球性リンパ腫
通常ツウジョウ成人セイジンには、ネララビンとして1500r/m2(体表タイヒョウ面積メンセキ)を1日1回2時間以上かけて点滴テンテキセイチュウする。これを1、3、5日目カメ投与トウヨし、そのアト16ニチアイダキュウヤクする。21ニチアイダを1クールとして、カエす。
通常、小児には、ネララビンとして650r/m2(体表面積)を1ニチ1カイ1時間以上ジカンイジョウかけて点滴静注する。これを5日間カカン投与し、その後16日間ニチカン休薬する。21日間ニチカンを1クールとして、繰り返す。
ゲキ指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 成人セイジンオヨ小児ショウニにおける再発サイハツナンセイのT細胞サイボウ急性キュウセイリンパセイ白血病ハッケツビョウオヨびT細胞サイボウリンパキュウセイリンパシュ効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
9 729 注射薬チュウシャヤク EOB・プリモビストチュウシリンジ 18.143%5mL1ツツ 13,765 5ポン バイエル薬品ヤクヒン ガドキセトサンナトリウム 磁気ジキ共鳴キョウメイコンピューター断層ダンソウ撮影サツエイにおけるカン腫瘍シュヨウ造影ゾウエイ 通常ツウジョウ成人セイジンにはホンザイ0.1mL/kgをセイミャクナイ投与トウヨする。 指定シテイ処方ショホウ 2007.10.19 磁気ジキ共鳴キョウメイコンピューター断層ダンソウ撮影サツエイにおけるカン腫瘍シュヨウ検出ケンシュツオヨ鑑別カンベツのための造影ゾウエイ効能コウノウ効果コウカとするシン有効ユウコウ成分セイブン含有ガンユウ医薬品イヤクヒン(シン有効ユウコウ成分セイブン)
EOB・プリモビストチュウシリンジ 18.143%10mL1ツツ 20,504 5ポン
・会社名中、2社をハイフンで結んだものは、前者が製造販売ハンバイ元、後者が販売ハンバイであることを示し、=印で結んだものは、両者で販売する品目であることを示す。
・内容についての詳細な情報又は正確な情報は、添付文書等をご参照下さい。
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(MEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]