2010.04.16
新医薬品が薬価収載されましたのでお知らせいたします。
番号 薬効分類 区分 商品名 規格単位 薬価(円) 包装単位 会社名 成分名 効能・効果 用法・用量 規制等 承認年月日 備考
1 117 内用ナイヨウヤク サインバルタカプセル20mg 20mg1カプセル 169.30 PTP:10カプセル×10、10カプセル×50
バラ:500カプセル
塩野義製薬=日本ニホンイーライリリー デュロキセチン塩酸塩 うつ病・うつ状態 通常、成人には1日1回朝食後、デュロキセチンとして40mgを経口投与する。投与は1日20mgより開始し、1週間以上の間隔を空けて1日用量として20mgずつ増量する。
なお、効果不十分な場合には、1日60mgまで増量することができる。
劇、処方 2010.01.20 うつ病・うつ状態を効能・効果とする新有効成分医薬品(新有効成分)
サインバルタカプセル30mg 30mg1カプセル 230.50 PTP:10カプセル×10
バラ:500カプセル
2 214 内用ナイヨウヤク エックスフォージ配合錠 1錠 130.10 PTP:140錠、500錠、700錠
バラ:500錠
ノバルティス ファーマ バルサルタン・アムロジピンベシル酸塩 高血圧症 成人には1日1回1錠(バルサルタンとして80mg及びアムロジピンとして5mg)を経口投与する。本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない。 劇、処方 2010.01.20 高血圧症を効能・効果とする新医療用配合剤(新医療用配合剤)
3 214 内用ナイヨウヤク レザルタス配合錠LD 1錠 91.00 PTP:100錠、140錠、500錠、700錠
バラ:500錠
第一三共 オルメサルタン メドキソミル・アゼルニジピン 高血圧症 通常、成人には1日1回1錠(オルメサルタン メドキソミル/アゼルニジピンとして10mg/8mg又は20mg/16mg)を朝食後経口投与する。本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない。 処方 2010.01.20 高血圧症を効能・効果とする新医療用配合剤(新医療用配合剤)
レザルタス配合錠HD 1錠 170.10 PTP:100錠、140錠、500錠、700錠
バラ:500錠
4 396 内用ナイヨウヤク エクア錠50mg 50mg1錠 104.70 PTP:100錠、420錠、500錠
バラ:500錠
ノバルティス ファーマ ビルダグリプチン 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
@食事療法、運動療法のみ
A食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
通常、成人には、ビルダグリプチンとして50mgを1日2回朝、夕に経口投与する。なお、患者の状態に応じて50mgを1日1回朝に投与することができる。 処方 2010.01.20 2型糖尿病を効能・効果とする新有効成分医薬品(新有効成分)
5 396 内用ナイヨウヤク メトグルコ錠250mg 250mg1錠 9.90 PTP:10錠×10、10錠×100
バラ:500錠
大日本住友製薬 メトホルミン塩酸塩 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2〜3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750〜1,500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2,250mgまでとする。 劇、処方 2010.01.20 2型糖尿病の効能・効果を追加とする新用量医薬品(新用量)
6 429 内用ナイヨウヤク アフィニトール錠5mg 5mg1錠 12,711.10 PTP:30錠 ノバルティス ファーマ エベロリムス 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌 通常、成人にはエベロリムスとして1日1回10mgを空腹時に経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。 劇、処方 2010.01.20 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌の効能・効果を追加とする新効能・新用量医薬品(新効能・新用量医薬品)
7 239 注射薬チュウシャヤク アロキシ静注0.75mg 0.75mg5mL1ビン 14,522 5ビン 大鵬薬品工業 パロノセトロン塩酸塩 抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心,嘔吐)(遅発期を含む) 通常、成人にはパロノセトロンとして0.75mgを1日1回静脈内投与する。 劇、処方 2010.01.20 抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心,嘔吐)(遅発期を含む)を効能・効果とする新有効成分医薬品(新有効成分)
8 392 注射薬チュウシャヤク ブリディオン静注200mg 200mg2mL1瓶 9,947 10バイアル シェリング・プラウ スガマデクスナトリウム ロクロニウム臭化物又はベクロニウム臭化物による筋弛緩状態からの回復 通常、成人にはスガマデクスとして、浅い筋弛緩状態(筋弛緩モニターにおいて四連(TOF)刺激による2回目の収縮反応(T2)の再出現を確認した後)では1回2mg/kgを、深い筋弛緩状態(筋弛緩モニターにおいてポスト・テタニック・カウント(PTC)刺激による1〜2回の単収縮反応(1-2PTC)の出現を確認した後)では1回4mg/kgを静脈内投与する。また、ロクロニウム臭化物の挿管用量投与直後に緊急に筋弛緩状態からの回復を必要とする場合、通常、成人にはスガマデクスとして、ロクロニウム臭化物投与3分後を目安に1回16mg/kgを静脈内投与する。 処方 2010.01.20 ロクロニウム臭化物又はベクロニウム臭化物による筋弛緩作用に対する拮抗を効能・効果とする新有効成分医薬品(新有効成分)
ブリディオン静注500mg 500mg5mL1瓶 23,652 10バイアル
9 421 注射薬チュウシャヤク テモダール点滴静注用100mg 100mg1瓶 36,794 1バイアル シェリング・プラウ テモゾロミド 悪性神経膠腫 下記のとおり本剤を90分間かけて静脈内投与する。
1.初発の場合:
放射線照射との併用にて、通常、成人ではテモゾロミドとして75mg/m2(体表面積)を1日1回42日間投与し、4週間休薬する。 その後、本剤単独にて、テモゾロミドとして150mg/m2(体表面積)を1日1回5日間投与し、23日間休薬する。この28日を1クールとし、次クールでは1回200mg/m2に増量することができる。
2.再発の場合:
通常、成人ではテモゾロミドとして150mg/m2(体表面積)を1日1回5日間投与し、23日間休薬する。この28日を1クールとし、次クールで1回200mg/m2に増量することができる。
毒、処方 2010.01.20 悪性神経膠シュを効能・効果とする新投与経路医薬品(新投与経路)
10 131 外用薬ガイヨウヤク ザラカム配合点眼液 1mL 1,306.00 2.5mL×10本 ファイザー ラタノプロスト・チモロールマレイン酸塩 緑内障、高眼圧症 1回1滴、1日1回点眼する。 処方 2010.01.20 緑内障、高眼圧症を効能・効果とする新医療用配合剤(新医療用配合剤)
・会社名中、2社をハイフンで結んだものは、前者が製造販売ハンバイ元、後者が販売ハンバイであることを示し、=印で結んだものは、両者で販売する品目であることを示す。
・内容についての詳細な情報又は正確な情報は、添付文書等をご参照下さい。
・薬価については官報をご確認下さい。
・承認時段階の情報につきましては、適宜、日本薬剤師会雑誌別冊の日薬医薬品情報に掲載しておりますのでご参照下さい。
・薬価に関する情報は「官報」でもご確認下さい。
・承認に関する情報は「医薬品医療イリョウ機器キキ情報ジョウホウ提供テイキョウホームページ」の新薬の承認に関する情報もご参照下さい。
・医薬品薬価マスターに関する情報は「診療報酬情報提供サービス」をご参照下さい。
・医薬品コードに関する情報は「薬価基準収載医薬品コード表(MEDIS-DC提供)」をご参照下さい。
[日本薬剤師会ホームページへ]