「電子お薬手帳相互閲覧サービス」を提供予定の電子お薬手帳

調剤報酬算定要件の一つである「一元的に情報閲覧できる仕組み」が、今後提供される予定の組織を示しています。
薬局が電子おくすり手帳に関連する調剤報酬を算定する場合には、原則、「一元的に情報閲覧できる仕組み」を利用することとされています。薬局は、この仕組みを利用しないと調剤報酬を算定出来ない場合もありますので十分にご注意ください。

名 称 提供組織 データ保存先 左欄の組織 提供開始予定日
おくすりPASS (株)アイセイ薬局 (株)アイセイ薬局 (株)アイセイ薬局 4月予定
マイアピス (株)アピスファーマシー (株)アピスファーマシー (株)アピスファーマシー 5月予定
マツモトキヨシお薬手帳 (株)マツモトキヨシホールディングス (株)マツモトキヨシホールディングス (株)マツモトキヨシホールディングス 7月予定
おくすり日記プラス (株)エレクトリック・マテリアル (株)エレクトリック・マテリアル (株)エレクトリック・マテリアル 7月予定

※具体的な提供開始予定日は、各提供組織に直接お問い合わせ下さい。

この表に記載されている以外の提供組織の動向については、各組織に直接お問い合わせ下さい。

調剤報酬算定を目的とした電子お薬手帳を提供する組織には、電子お薬手帳相互閲覧サービスへの接続が求められています。本サービスに接続していない組織の「電子お薬手帳」は、調剤報酬の算定要件を満たさないとも考えられますので十分にご注意ください。

■ TOPページへ

更新履歴

  • 2016. 4. 1
      HPを公開しました。

提供組織の方々へ

  • こちらにお問い合わせ下さい
    link@nichiyaku.or.jp
    @を半角に修正して下さい。

ページのトップへ戻る