文字サイズ
トップページ > 各種資料 > 資料

「薬局・薬剤師のための検体測定室の適正な運用の手引き
(暫定版)」について

平成27年4月

 本会ではこのほど、薬局・薬剤師における検体測定事業の適正な運用に資するため、「薬局・薬剤師のための検体測定室の適正な運用の手引き(暫定版)」を作成しました。
検体測定事業については、厚生労働省から「検体測定室に関するガイドライン」(平成26 年4月)及び「検体測定室に関するガイドラインに係る疑義解釈集(Q&A)」(平成26 年6月)が示されております。
 本手引きは、薬局が検体測定を行う事業者となる場合を想定し、ガイドラインに沿って解説を付したものであると同時に、検体測定事業を行う者の役割や行う場合の留意事項等について、日本薬剤師会としての考え方を示しています(手引き「Ⅰ 総論」)。
 検体測定事業を行う場合には、厚生労働省が示すガイドライン及びQ&Aの遵守は当然であり、さらに、本手引きにより、検体測定事業の趣旨や実施者の役割等について理解を深められるようお願いいたします。
------------------
「薬局・薬剤師のための検体測定室の適正な運用の手引き(暫定版)」【PDF形式】
------------------
<資料>
「検体測定室に関するガイドライン」(厚生労働省医政局.平成26 年4月)【PDF形式】
「検体測定室に関するガイドラインに係る疑義解釈集(Q&A)」(厚生労働省医政局.平成26 年6月)【PDF形式】
検体測定室における一連の採血行為での医行為に該当する部分について(厚生労働省医政局地域医療計画課 .平成27年8月5日事務連絡)【PDF形式】






■日本薬剤師会の概要
→日本薬剤師会のあゆみ
日本薬剤師会の歴代会長
日本薬剤師会の組織
公告・開示
個人情報保護方針
■日本薬剤師会の取り組み
薬物乱用防止活動
禁煙運動への取り組み
JPALS
研究倫理
薬学生ニュース
アンチ・ドーピング活動
■薬剤師と薬局のこと
薬剤師とは
薬局とは
医薬分業進捗状況
■医薬品に関する情報
緊急安全性情報
医薬品・医療機器等安全性情報
新医薬品の薬価収載
医薬及び薬事情報
薬学教育6年制
■定例記者会見プレスリリース
平成25年度
平成24年度
プレスボックス
■大会・研修会などのお知らせ
高度管理医療機器販売等に係る継続研修会
日本薬剤師会主催
各種資料
都道府県薬剤師会
Topics Archives
薬関連リンク集
学校薬剤師部会
国民の皆様向け広報資料
医薬分業Q&A
国際会議(FAPA,FIP等)
動画配信
過去の記事へ(アーカイブ)