公益社団法人 日本薬剤師会


ロゴ

薬剤師資格証の発行を通じ、医療ICT化の推進を目指します。

お知らせ

<申請の受付停止について>
2023年1月の電子処方箋稼働に向けて薬剤師資格証を広くお持ちいただくための受付体制再構築を行っており、薬剤師資格証の申請受付は一時的に停止しております。
受付の再開時期は決定し次第,こちらでお知らせいたします。
申請をご検討中の皆様におかれましては大変恐縮ではございますが、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
 
  • 2022/06/13 HPを更新しました。


過去のお知らせはこちら

↑ページ先頭へ

日本薬剤師会認証局

 日本薬剤師会認証局は、2016年4月、公益社団法人日本薬剤師会により、「薬剤師資格証」を発行する組織として会内に設置されました。

 本認証局は、日本薬剤師会会員をはじめとする薬剤師国家資格の所有者(非会員を含む)に薬剤師資格証を発行します。

 本認証局が発行する電子証明書は、厚生労働省『保健医療福祉分野PKI認証局 署名用証明書ポリシ』及び『保健医療福祉分野PKI認証局 認証用(人)証明書ポリシ』に従っています。


運用に係る規程類

保健医療福祉分野PKI認証局署名用証明書ポリシ(CP)(厚生労働省ホームページ)

日本薬剤師会認証局運用管理規程(CPS)

↑ページ先頭へ

薬剤師資格証とは

 「薬剤師資格証」とは、所持する人が薬剤師であることを証明する「物」であると同時に、内蔵するICチップに電子的なHPKI(保健医療福祉分野公開鍵基盤:Healthcare Public Key Infrastructure)証明書を内包し、電子署名等にも利用できる物です。

 HPKI証明書は、医療ICTの世界で電子的な印鑑として利用できる「電子署名(Digital Signature)」と通行証の役割をする「認証(Authentication)」に利用可能です。

 例えば、今後、一層の発展が予想されるICT技術を用いた地域医療情報連携基盤へのログインや、その中で利用する医療情報への電子署名、電子処方箋への調剤済み印の押印等への利用が見込まれます。

 また、薬剤師資格証は、国が発行する薬剤師免許証を基に、本会が発行する薬剤師の身分を証明する「物」になりますので、大規模災害時等に薬剤師資格を示すこと等が可能と考えています。

↑ページ先頭へ

薬剤師資格証の取得方法

 「薬剤師資格証」は、日本薬剤師会の会員・非会員を問わず薬剤師であれば取得できます。

 申請には専用サイトでの必要書類の確認や申請書作成等が必要な他、地域薬剤師会での対面申請が必要である等申請の流れを必ずご確認ください。下のボタンから申請方法の詳細についてよく確認していただきますようお願いいたします。

↑ページ先頭へ

利用費等について

 薬剤師資格証の発行・利用には費用がかかり、新規発行時にカード発行費用と初年度の年間運用費を、2年目以降に年間運用費をお支払いいただいております。

 また、薬剤師資格証は有効期限が5年のため、5年目には更新発行に伴うカード発行費用が発生します。

 (日本薬剤師会会員の場合は、会員価格でご利用いただくことができ、また更新時のカード発行費用は不要となります。)


 各利用年の費用については下記表をご確認ください。



定価(非会員の方はこちらになります)

       カード発行費   年間運用費   合計
初年度 8,800円 13,200円 22,000円
2年目 13,200円 13,200円
3年目 13,200円 13,200円
4年目 13,200円 13,200円
5年目(更新年)  8,800円 13,200円 22,200円


会員価格

       カード発行費   年間運用費   合計  
初年度 6,600円 6,600円 13,200円
2年目 6,600円 6,600円
3年目 6,600円 6,600円
4年目 6,600円 6,600円
5年目(更新年)  6,600円 6,600円

※更新によらない再発行(失効、紛失、券面・証明書変更等)の場合は、基本的に「初年度」と同様の扱いとなります。
 (一部、例外あり。)

↑ページ先頭へ

よくある質問

 よくある質問につきましては、こちらをご覧ください。内容は随時更新します。

↑ページ先頭へ

お問い合わせ

 お問い合わせはメールでhpki☆nichiyaku.or.jpまでお願いします。

 ※アドレス中の☆を半角@に変えてお送りください。
 ※メールでのお問い合わせに限定させていただいております。
 ※ご回答までお時間をいただく場合があります。







↑ページ先頭へ