公益社団法人 日本薬剤師会

薬剤耐性(AMR)対策

2015年5月の世界保健総会において、薬剤耐性(AMR)に関するグローバル・アクション・プランが採択され、本邦においても2016年4月に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020」が策定されました。このアクションプランには、薬剤耐性の拡大を防ぐためにこの5年間で取り組むべきことの一つとして、国民の薬剤耐性に関する知識や理解を深め、専門職等への教育・研修を推進することが挙げられています。
 本会では、薬剤師は患者へ医薬品を渡す最終の医療人として、抗微生物薬適正使用に関し重要な役割を果たすものと認識しております。

AMR対策に関する研修

日本薬剤師会生涯学習支援システムJPALS e-ラーニング

AMR対策に関する活動

日本薬剤師会におけるAMR対策について―抗菌薬使用量調査パイロットスタディを中心に―(第53回薬剤師会学術大会分科会要旨・10月中旬掲載)

AMR対策に関する活動(他団体への協力等)