「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)【平成23年度版】」について

日本薬剤師会では、会員の生涯学習を支援するためのシステムを構築するにあたり、より実効性があり、意欲やモチベーションを維持・高揚する生涯学習制度の構築には何が必要なのか、薬剤師とは何かをもう一度原点から見つめ直した結果、薬剤師が目指すべき目標を明確に示すことにあるとの考えに至り、その具体的指標として「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(平成20年度版)」(Professional Standard,以下PS)を作成し、平成21年4月に公表いたしました。
その後、JPALSのシステム構築に伴い、各PSにクリニカルラダー(Clinical Ladder, CL)を設定するとともに、PSの項目を2つ追加し、以下5領域、全383項目を「平成23年度版」として公表しております。

PSの5領域

  1. ヒューマニズム(倫理)
  2. 医薬品の適正使用(安全性,経済性)
  3. 地域住民の健康増進(薬物乱用防止,セルフメディケーション)
  4. リスクマネジメント
  5. 法律制度の遵守

(注)「領域2.医薬品の適正使用(安全性,経済性)」については、関連した項目を、以下の26の小領域に振り分けています。

  • 医薬品情報
  • 医療統計
  • 感染対策
  • PK/PD
  • 循環器
  • 消化器
  • 内分泌
  • 泌尿器
  • 生殖器
  • 呼吸器
  • 神経
  • 精神
  • 皮膚・感覚器
  • 整形
  • 免疫系
  • 悪性腫瘍
  • 感染症
  • 副作用
  • 栄養
  • 漢方・漢方薬
  • 医薬品情報
  • 小児
  • 高齢者
  • 妊婦・授乳婦
  • 薬学的ケア
  • 薬学的観察

つきましては、全383項目のPSをPDFファイルにいたしましたので、ご利用ください。

薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード(PS)

PSの主な検討経過