公益社団法人 日本薬剤師会

令和2年度 薬局ビジョン実現に向けた薬剤師のかかりつけ機能強化事業(厚生労働省令和2年度薬剤師生涯教育推進事業)次世代薬剤師指導者研修会 開催一般参加者募集のご案内

日本薬剤師会は本年度、厚生労働省令和2年度薬剤師生涯教育推進事業の実施法人として採択を受け、同事業を実施しています。
この事業は、薬剤師のかかりつけ機能の強化及び専門性の向上に資する知識・技能の習得、能力の維持・向上を目的とし、未来の地域の指導的立場を担う若い世代の育成のための研修会を下記のとおり実施いたします。
つきましては、参加を希望される方は下記要綱に従いお申し込みください。

※募集は締め切りました。

1.目的

薬剤師のかかりつけ機能の強化及び専門性の向上に資する知識・技能の習得、能力の維持・向上

2.主催

公益社団法人 日本薬剤師会

3.対象

薬局または病院・診療所に勤務する薬剤師。

※当研修会の受講者は、都道府県薬剤師会からの推薦者枠及び関係団体推薦枠、一般募集枠(メールでの募集)となります。一般募集枠は10名程度です。

※地域包括ケアシステムの実現(2025年目途)を見据えての地域の指導者養成の趣旨から、原則40歳代までといたします。

4.日時

令和3年2月11日(木・祝)11:30~16:05(予定)

※災害や天候不順などで、開催時刻の変更や中止などを行う可能性がある場合は、日本薬剤師会ホームページにてご案内しますので、適宜、ご確認ください。

5.会場

TKP市ヶ谷カンファレンスセンターより 全国に配信

6.研修内容(予定)

講義1 「10年後の薬剤師を見据えて これからの薬剤師のあるべき姿改正薬機法を踏まえて~薬剤師を取り巻く社会的状況」山本 信夫(日本薬剤師会 会長)
講義2 「成育基本法の成立を受けて薬剤師の目指すところ」 川名 三知代(日本薬剤師会 理事)
講義3 「セルフメディケーションにおける薬剤師の役割」 岩月 進(日本薬剤師会 常務理事)
講義4-1 薬薬連携について病院薬剤師の立場から 荒木 隆一(日本病院薬剤師会 理事)
講義4-2 薬薬連携について薬局薬剤師の立場から 村杉 紀明(日本薬剤師会 地域医薬品提供体制対策委員会委員)

情報連携の実践に向けて(グループ討議)
グループ討議内容の共有・まとめ

7.受講申し込み方法及び期限

令和3年2月8日(月)までに、以下の内容を記載してメールでお申込ください。
メールの記載内容に不備があった場合、またメール以外での申し込みは受け付けません。
受付は先着順とし、定員に達した場合は締切前でもお申込みをお断りすることがありますのでご了承ください。

申し込み先:日本薬剤師会 次世代薬剤師指導者研修会係
記載事項:氏名、年齢、ご所属先、メールアドレス

8.受講料

本研修会の受講料は無料です。

9.その他

受講者には、研修会の受講前に事前の準備をした上での受講をお願いする予定です。また、研修会終了後、報告書の提出等を依頼いたします。詳細は申し込みメールへの返信にてご連絡いたします。

10.問い合わせ先(事務局)

日本薬剤師会 次世代薬剤師指導者研修会係(担当:業務部 医薬・保険課)
TEL:03-3353-1170
メールアドレス:vision-ph_atmark_nichiyaku.or.jp
(メール送信の際は「_atmark_」を「@」にして下さい)

11.諸注意

  • 研修会内容を記録用に収録いたしますので、受講者の方も撮影する場合があります。
  • 研修会当日の受講申し込みは一切受け付けません。
  • 参加者氏名が本事業報告書に掲載されるほか、受講申込みに係る個人情報は、本事業の運営に必要な参加確認、連絡等に使用させていただきます。本事業以外の目的に利用することはありません。
  • 本研修会は日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度対象研修会としての研修受講シールの配布はいたしません。