公益社団法人 日本薬剤師会

新型コロナウイルス感染症対応
日本薬剤師会 店舗休業補償制度
(事業活動総合保険)

詳細については画像をクリック

店舗休業補償制度

制度の概要

 この度、日本薬剤師会正会員向けに「新型コロナウイルス感染症対応 日本薬剤師会 店舗休業補償制度」を創設しました。本制度は、日薬正会員である「開設者」、「法人代表者」、「管理薬剤師」の登録がある薬局(または店舗販売業)を対象に、勤務する会員薬剤師をはじめとする薬剤師、事務職員が新型コロナウイルスに感染もしくは濃厚接触をした場合に、一時的に休業を余儀なくされた時の喪失利益や消毒費用などを補償する制度です。

制度のポイント

制度のホイント

対象施設

日本薬剤師会正会員である「開設者」、「法人代表者」、「管理薬剤師」の登録がある薬局(または店舗販売業)

補償内容

補償(保険)金額 30万円(1事故・保険期間中限度額)
※売上高が年間7,500万円を下回る場合は、お支払いする補償(保険)金額が30万円以下となることがあります。

補償金の受取要件

  1. 日本薬剤師会正会員が開設または管理薬剤師を行う薬局または店舗販売業に勤務する方が、新型コロナウイルスに感染もしくは濃厚接触すること
  2. ①に伴い、当該薬局を消毒すること※消毒作業は、外部業者に委託した場合、薬局自ら消毒した場合いずれも可
  3. ①および②に伴い、所定の休業日を除き連続2日以上休業すること

加入対象者および加入手続き

加入対象者は日本薬剤師会会員名簿で、薬局または店舗販売業の「開設者」、「法人代表者」、「管理薬剤師」として登録されている日薬正会員である薬剤師の方です。
対象会員宛に送付された「新型コロナウイルス感染症対応 日本薬剤師会 店舗休業補償制度」に同封の「払込取扱票」に必要事項を記入の上、郵便局にてお振込いただくことでお手続きは完了となります。
郵便局備え付けの汎用払込票でもご加入(お支払い)は可能です。その場合は下記リンクより、払込取扱票の記入例をご覧いただきお支払いください。

保険期間と保険料

制度のホイント

補償(保険)金請求の流れ

お支払い要件を満たした場合には、「事故報告書 兼 申告書」に必要事項を記入し下記事故発生時の報告先へFAXにてご報告ください。
以下の必要書類のうち損保ジャパンが求めるものをご提出していただきます。

【補償(保険)金請求に必要な書類】

  1. 事故報告書 兼 申告書
  2. 保険金請求書
  3. 消毒費用の領収証、または請求書の写し
  4. 2019年度決算書類の写し(法人単位、個人事業主の場合は青色申告書)

問い合わせ先

【加入方法・制度内容全般について】

損保ジャパン 店舗休業補償制度専用コールセンター
電話:050-3808-7858(専用ダイヤル)
E-mail:10_c-nichiyaku@sompo-japan.co.jp
受付時間:平日 9:00~17:00(年末年始、土、日、祝日は休業)

【事故発生時の報告先】

損保ジャパン 団体保険金サービス第一課
FAX:03-3385-5500

●「事故報告書 兼 申告書」に必要事項に記載しFAXください

【引受保険会社】

損害保険ジャパン株式会社 医療・福祉開発部 第二課
〒160-8338
東京都新宿区西新宿1-26-1
電話:03-3349-9746
受付時間:平日 9:00~17:00

■このページは概要のご案内になります。詳細については、「損保ジャパン 店舗休業補償制度専用コールセンター」までお問い合わせください。

SJ20-15739(2021/02/24)